忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 1234 >  >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

表示の不都合、改善いたしました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした

by 藍田マリン


以下、さきほどの不具合の内容





すみません、いま不備が2箇所みつかりました。

ホームページ開いてもらって、
一番に【ストーリー】をクリックしてもらわないと
更新したストーリーが出ていないことが判明。

他のカテゴリークリック後だと更新前の表示です。

改善されるまでの間、
不自由をおかけいたしまして申し訳ありません。

もう一箇所。
【インフォメーション】は逆に
一番にクリックするとまったく表示されません。
どこかのページを開いていただいた後には表示されます。

重ね重ね、不自由おかけいたしますが
改善まで、よろしくお願いします

by 藍田マリン
PR
※2月16日メールフォームからご予約いただきました

I原さま(3月22日、土曜日PM3:00…1枚)
記述いただいた
ご連絡先に間違いがあるようで
メールが戻ってきてしまいます。

再度ご連絡いただけるよう、お願い致します。

by 藍田マリン


グループ展には何度かお伺いしたことはあるけれど、個展は初めて。

主宰として迎えてくれる真由さんは、また違う顔かしら、
とそんなことも楽しみにしながらの訪問。

ギャラリーはとてもシンプルで、
白い壁に展示された大型タぺストリーは
真由さんの作風と相俟って、不思議の森にも見えたり。

真由さんの作品って近くで見るのと、
少し離れて見るのとでは、すごく違う。

今回のモチーフは植物かな。
ナスビだったりイチゴだったりリンゴだったり、のようなものであって、
そのものズバリではなかったけれど。
だから生物のようでもあったなぁ

ざっくりと半分になった断面は
間近では、かわいかったりきれいだったりな色の、
色んな素材で織りなされているグラデーションがとても素敵

でも少し離れみると、なんていうのかな、
内側からゴボッと出てきたもののような、迫力。

何度か作品見せてもらってますが、これが真由さんの特徴のようです。

真由さんの作品は非常に照明と相性が良さそうで、
それがとてもとても楽しみ
みなさんも、どうぞお楽しみに

真由さんは
「昨日、雪だったから」と謙遜してましたが、
来訪者が次々な盛況っぷり。
あやかりたいマリンでした。



今日は朝はお稽古場を予約しに、
昼からは真由さんの個展、夜はピッコロで観劇。

最初の頃はかなりキツかったけど、
こんなスケジュールも大分慣れてきました。

プロデューサーは体力と根気だー


『宮城野』オフィシャルサイト

チケット購入はお名前、日時、枚数、ご連絡先を
こちらのメールフォームから
   
メールフォーム


by 藍田マリン


こちらも一週間を切りました!
ということで本日はYellow Love Marine美術担当、
勝田真由さんの個展のご案内

“藍田マリンプロデュース”と銘打って
初めて知ったプレッシャーみたいなものがありますが
こちらの展示会にもしっかりと冠ついてます“勝田真由展”

しかしこちらはベテランさん、
何度目かの個展だそうです。

継続は力なり。
逆もまた真なり。

きっと、どんな説明もいりません。
作品を見ると、その力の源を感じられることでしょう。


勝田真由展『juicy field』

2008年2月5日(火)~10日(日)
12:00~19:00(日曜日は18:00まで)

☆会場:ギャラリーすずき

〒605-0046 京都市東山区三条通りけあげ(ウェスティン都ホテル京都前)
※地下鉄東西線けあげ駅2番出口徒歩3分

TEL&FAX 075-751-0226

http://keage-g-suzuki.com/


真由さんのブログはこちら
      
http://blog.livedoor.jp/marblelife/


本日からめでたくパソコン復活です


by 藍田マリン

学生時代なんかに比べると
お互いの日常に重なる時間がなくなって
めっきり会う機会が減ってしまうお友達たち。

そんな、
どんなに遠く離れても、
どんなに長い時間空いてしまっても
変わらず大事な大事なお友達が、
たまにお芝居の公演を観に来てくれたりすると

「元気もらった。私もがんばらな~って思った」

なんて言葉で私をハッピーにしてくれます。

いつも、
人間、誰かのためにできることなんて、
果たしてあるのかと思っています。

屁理屈に聞こえるかもしれないけど
例えば誰かのために何かをしても
それは結局その人のために自分が何かをすることを望んだわけで、
究極に言えば、自分が望んだことを叶えただけ。
…って思うから。

だからお芝居のように
自分のために一生懸命にやっていることが、
誰かのために(は、大げさだけど)重なったなら
こんなうれしいことはありません。



今日は、私のお友達、金奎彬(キムキュウビン)ちゃんのお誕生日。

近大の留学生だった頃の彼女と
バイトを通じて知り合いました。

韓国に帰国してからは、
毎年「おめでとう」って電話をかけていたけれど
数年前に連絡先がわからなくなって、
今はもう直接「おめでとう」って言えません。

大好きなお友達なので、
どうにか居所わからないかとずっと思っていますが

そして、できることなら、せっかくこうして全国ネット、
知っている情報全部載せて探しもしたいけれど、

この物騒な世の中、何がどう転ぶかわからないし、
第一、もしかしたら本人に何か事情があるかもしれないから、
そんなことは到底できない。

だから私は、一生懸命お芝居に励んで、
どこかにいる金ちゃんに元気を送ろうと思う。

そして、こうして私が『宮城野』がんばれているのは

キムちゃーん、
きっとどこかで、貴女が元気に一生懸命がんばっているからだと信じてるよー。


by 藍田マリン

sinden.jpg今日はworkingの前に

猪岡さんと吉田トミーと揃って“願いの宮”に『宮城野』成功祈願に行きました。

『宮城野』のことで参拝するのは、私は2回目。

前回は『宮城野』の企画が頓挫することなく実現できるように

今回は、チームYellow Love Marineの絆と健康を守ってもらえますように

そして、役作りが充実できますように


本番の成功は、また近くなったら祈願に行こうと思っています。

たくさん願うのだから横着しちゃいけませんもんね!



願い事を記入する用紙にひとりづつ書きました。

他の2人はどんな風に書いたのかな~。



そんな“願いの宮”さんはこんなところ
         ↓
http://homepage2.nifty.com/negaino-miya/


by 藍田マリン
フィギュアスケート観ました。

いつもながら、なんて素敵

私の中で一番“魅了”という言葉が当てはまるのはフィギュアスケートかも。

何かをしながら観ようと思っても

画面から目を外したくないし、うん、外そうと思っても外せない。



なんであんなに胸がいっぱいになって

涙が出そうになるんやろ。



フィギュアスケートを観るとすごくすがすがしい気持ちになる。

大自然に触れた時に似てるなぁ。



画面で見ていても伝わってくる、観客席との一体感もあこがれ。

すべてがあこがれ



私はもちろん、スケートであんなに美しく飛べたり回ったりはできないし、
遠い遠い世界だけれど、

ひとつだけ、手が届きそうなこと。

演技を終えた後の満面の笑み。





必ず、叶えます


by 藍田マリン
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[01/27 藤井美保]
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]