忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 210209208207206* 205* 204203202201200 >  >>


昨日と今日の2日間、新京極映画祭にて『宮城野<ディレクターズカット版>上映。
偶然、ぽこんとお稽古がオフに当たっていたので、足を運ぶことが出来ました
やはり日頃の行いが良い

吉田トミーは前々から約束していたのだけれど、
急遽、猪岡さんも仕事の合間?に時間が取れ
なんと久々のYellow Love Marine“宮城野”チーム大集結で鑑賞できました
(と言っても猪岡さんはギリギリに来てサッと帰ったらしく顔は見てませんけど

スタンダード版は戯曲に忠実な映画。
そしてディレクターズカット版は戯曲を膨らましているから
矢太郎もかなり前に出ているので、トミーに観てもらいたかったんです。
私は、人の“宮城野”を観ると、自分の“宮城野”がはっきりするので
トミーも観ることによって自分の矢太郎をも感じられればいいな、と思って。
同じ作品でも、スタンダード版とは印象がずいぶん違うため、
まずそのことに驚いていましたねぇ。

猪岡さんは今回が初めての映画『宮城野』。
後でもらったメールには
~僕が演出で最初に候補にいれてたアイデアもあり、
興味ぶかく、みました。面白かったです~
とありました。
候補にいれてたアイデアってなんだろう
また今度聞いてみよっと。

今日は終演後、山崎監督の舞台挨拶もありました。
愛之助さんはじめ、出演者の方々の裏話がたくさん聞けました。
人が集まるところには、さまざまなエピソードが生まれますね
楽しかったです

舞台挨拶では、出演者の魅力だけじゃなく、
山崎監督の魅力も伝わったのではないでしょうか。
なんせ一番初めの質問に、
「監督は大変お若いですがおいくつですか
と、まず聞かれるくらい、つかみはOKのイケメン監督だし
私は、前々から小栗旬さんに似ているなーと思ってます

質問者さん方の言葉を聞く限りでは
スタンダード版も観ている方が多かったです。
感じることは同じで“全く別物の作品”との印象を持つよう。
スタンダード版はDVD化されていますが、
そのうちディレクターズカット版もDVD化されて、
好きな方を購入できるようになればいいなぁと思います。

『宮城野』はもともと戯曲がとても自由度高いので
たくさんの『宮城野』が必然的に生まれ、
いろんな『宮城野』を楽しめることが、一つの醍醐味。
作り手にまわっても、受け手にまわっても、存分な想像力発揮に導いてくれる、
とても素敵な戯曲だと改めて思いました



by   藍田マリン
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
[11/25 まろん]
[02/22 まじん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]