忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 147146145144143* 142* 141140139138137 >  >>


ようやく第一弾を中心に情報公開です
 
大竹野正典追悼公演 
 
【第一夜】
 
『サラサーテの盤』  作・演出…大竹野正典
(精華演劇祭2010 SPRING/SUMMER参加)
 
日時…2010年

8月27日(金) PM7:30 
   28日(土) PM2:00
        PM4:30  ビデオ上映「海のホタル」(2006.精華小劇場)
        PM7:00
   29日(日) PM1:00 ビデオ上映「ドアの向こうの薔薇」(1996.扇町ミュージアムスクエア)
        PM3:30
 
会場…精華小劇場
 
料金…前売券2500円 当日精算券2500円 当日券2800円 中高生券1500円
※ビデオ鑑賞料は一般1000円 中高生500円
 
キャスト…戎屋海老・秋月雁・石川真士・九谷保元・栗山勲・モリタフトシ・えび
      小栗一紅・林加奈子・藤井美保・藍田マリン・後藤小寿枝・大竹野春生
 
スタッフ…舞台監督 谷本 誠
          照 明  林 鈴美
        音 響  大西博樹
        制 作  大竹野正典追悼企画室 室長 塚本 修・くじら企画
 
 
【第二夜】
 
『密会』  作・演出…大竹野正典
 
日時…2010年10月29日~31日
会場…ウィングフィールド
キャスト…秋月雁・戎屋海老・石川真士・九谷保元・栗山勲・モリタフトシ
                  池上和美・藍田マリン・後藤小寿枝
 
 
【第三夜】
 
『山の声』  作・演出…大竹野正典
 
日時…2011年1月21日~23日
会場…in→dependent theatre 2nd
キャスト…戎屋海老・村尾オサム
 
 
 
***********************************
 
 
 
プロジェクト始動からここまで、長かったぁ。
それだけ、難しいことをしようとしているということ。
 
 
紆余曲折を繰り返しましたが、上記3作品にラインナップが決定しました。
最終的に判断の胆となったのは
 
【作・演出 大竹野正典の公演を打つ】
 
もちろん、限りなくそういえる舞台を目指す、であるけれど。
 
 
結果的に全く作風の異なる作品群が並びました。
 
 
第三夜の『山の声』は2009年のOMS戯曲大賞に輝いた栄えある作品。
 
第二夜の『密会』は、大竹野作品の主軸といってもよいであろう、実際の事件を題材とした作品。
 
そして第一夜『サラサーテの盤』
 
――――― カラン コロ カラカラカラ ―――――
 
不思議なト書きで始まるこの台本は、
例えば、犯罪を題材にした作品群ほどインパクトの強い作品ではないけれど、
大竹野さんがくじら企画の前身「犬の事務所」時代、随筆演劇と名付け、
もっとも愛着する芝居だと公言していた名作です。
 
私もまた、この本がものすごーく好きで。
 
上演時のパンフレットの言葉そのままに説明すれば、
内田百閒さんの短編小説と随筆をもとに書かれたもので、
“寝ている間に見る脈絡のない夢のような”と表されているヘンテコなお話。
 
ヘンテコな話を
ヘンテコな役者たちが演じるのだから
どだいヘンテコなことになってしまうわけなのです。
 
 
眉尻がピコッとさがる可笑しみが、ほの切なさを引き連れてくる
セピア色したファンタジー。
 
 
んー。
なんやら余計わかりにくい?マリン的説明
 
まー、お芝居なんてもんは、結局のところ観にゃーわからんわけですわー。
ということでお許しを
 
 
 
関西小劇場界で常に注目を集め、一目をおかれながらも、
大竹野さんの無頓着で?くじら企画の集客力はからっきしだったらしい。
現に私がかかわらせていただいた作品も大盛況とは、、、、、、
 
 
ぎりぎり“作・演出 大竹野正典”と銘打てるこの追悼公演で、
ひとりでも多くの方に作品に触れてもらいたい。
欲張ったこといいますけれども、3作品通しで。
 
 
 
もうすぐ、本チラシが出来上がるまでの仮チラシが巷に出回る。
 
仮チラシは急遽のことで、元となっているのは
情報アップの時にブログに載せようと、アマノ雅広さん撮影の、
隅っこに大竹野さんがちょこっといる大好きな写真を使わせていただき、
ずっと出番を待っていたトップの画像。
 
“元”なのでアップしている画像とチラシはほんの少し違います。
仮チラシには『サラサーテの盤』作・演出に続いて“大竹野正典”と入ってます。
 
小寿枝さんから挿入の指示が入った時、私はちょっとだだこねました。
 
このチラシ全面を大竹野さんのプロフィールとした構成でいきたいと。
ここに“大竹野正典”と改めて入れると、『サラサーテの盤』からは公演告知になってしまうと。
まぁ、本文主体のブログに添付する画像でなく、仮チラシなのだから
公演告知なのは当たり前、わかりやすいことが第一だと、すぐに思いなおしましたけれども。
 
大竹野さんのプロフィールが“逝去”で終わってしまうことに、
びっくりするくらい抵抗感が湧いてきて、悲しくなってしまったんです。
 
大竹野さんのプロフィールはまだまだ続くんやー!!(号泣)、みたいな。
 
その思いを一番深く強く胸に抱き、信じているのは小寿枝さんなのにバカな私。
 
 
 
 
 
プロフィールの更新、実現させますよ。
 
強気発言苦手人種ですが
今回ばかりは思いっきり。
 
 
不安は数え上げればきりがない。
それは私に限らず、石川さんが老獪な古狸古狐の巣窟と称した
百戦錬磨のくじら俳優陣でさえ、まちがいなく同じでしょう。
 
大竹野さんはいない。
 
たとえいたとしても、姿は見えないし、声も聞こえない。
 
 
それでも「くじら企画にハズレなし」と言わしめきた以下の芝居なんて
上演するつもりはありません。
 
 
 

 
 
――――― カラン コロ カラカラカラ ―――――
 
賽は投げられた。
 
 
 
 
by   藍田マリン
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]