忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 160159158157156* 155* 154153152151150 >  >>

『サラサーテの盤』
チラシに続き、無事チケットもあがってきました
これからモリモリ情宣に励まねばっ

昨日は『密会』の共演者、『サラサーテの盤』では受付でお世話になる
池上和美さんが稽古場を覗いてくれました。
彼女は制作周りの経験も多そうなので、帰りに質問してみましたよ。

「たくさんの方に来てもらうにはどういう情宣が有効ですか」と。

答えは「う~ん…」って感じです。
他の人にも聞いてみたことあるんですけど、
なんだか皆さん「う~ん…」って感じなんです。
打つ手なしってことなんでしょうかね

役者が声かけて来てくれるお客様って限界があるだろうし、
出来たらくじら企画を観たことがない多くの方々に観てもらってこそ、
今回の公演意図を達成できるってもんなんですが、
小劇場界はなかなか難しいみたいです

どなたか秘策をお持ちの方、是非ともコソッとご伝授を

伝授くださったら、そうですねー、
海老さんの熱烈キッスをもれなくって、ことでドゥでしょう?


…。



さてと!
今日の掲載写メは石川さんと美保さんの名シーンお稽古模様。

100710_2112~02.jpg






 



この間は石川さんのことを書いたので、今回は藤井美保さんのことを書きます

関西演劇界には“天才”と呼ばれる役者さんがたくさんいらっしゃいますが、
美保さんは間違いなくその天才のおひとりだと思っております。

こなせそうな人が幅広くいそうな役でも、
ひとたび美保さんがやっているのを観てしまうと、
それはもう美保さん以外には考えられない役になります。
美保さんには、どんな役も唯一無二にしてしまう、
独特かつ特別な魅力があると思うんです。

そんな美保さんは演技論を熱く語ったりする人ではなく、
例えば私が幼稚園の頃、先生に言われたセリフを反芻し、
出て行くタイミングやらを間違わないように間違わないように、
ひたすらそういうことで頭いっぱいしてた発表会の1コマをダブらせてしまうくらい、
見ている限りはいつもとっても『素』っぽい。

そうみえるだけで本当は、緻密な演技プランの塊なんでしょうか
いつかじっくり質問してみたいです。

質問叶っていない今は、心の中で『異色の天才女優』と呼んでます




あー、わても天才に生まれたかったなー



by   藍田マリン
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
[11/25 まろん]
[02/22 まじん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]