忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 2221201918* 17* 1615141312 >  >>
水曜日のレディースデーにレイトショーに行きました。

『自虐の詩』。

ハードスケジュールで疲れが溜まってるから
少し休んだ方がよいとは思いつつ…、
原作マンガが大好きなので(特に熊本さんが好き!)奮起して。
主人公の幸江さんが、どこか宮城野的要素を感じる人でもあったし。

それに、
4コマ漫画を映画に!?いったい、どんな風に!?
という、素朴な興味。

色々笑えるところがあったけど、
幸江さんとイサオの馴初め回顧シーンのイサオが
この間、大阪新撰組のさんぞーさんが演じていた、
ニヒルな演出家とそっくりだったことが
個人的に一番のツボで、だいぶんと楽しかったです。

さんぞーさんて、阿部寛似だったんだ。大発見!

あーなんてマニアックな感想なんだ…


実のところ、なんだか
あまりに漫画がしっかり頭に根付きすぎていて、
なんというか純粋に一映画としてだけの感想が持てなくて、
うまくまとめられない感じ?

もし原作を知らずに観ていたら、どんな風に見えたのかな~。

とても印象に残ったのが、
阿部寛さん演じるイサオがうつぶせに寝ている体の形とか、
本当に漫画と一緒で、そんな箇所が何箇所か目に付いて、
『自虐の詩』にすごく愛情深い人がつくったんだな、と思いました。

オフィシャルサイトを覗いて見ると、
やっぱりすごくすごく思い入れのある方がつくったようで。


『自虐の詩』を映像化する、とのうわさを聞き、
矢も盾もたまらず 映像化権をとりにうかがったのだそう。



「あの名作は、本当にあの作品を
愛している人が作らないと、
駄目なんだ。と、勝手な思いあがりで
プレゼンに臨んだものの…」



プロデューサー 植田博樹さんが
山あり谷ありな約4年を乗り越えて、出来上がった作品。


いろんなエピソードを読むと、
今、制作途中の自分の想いになぞらえて、じ~ん


by 藍田マリン



PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自虐の詩見ました!
動物園の帰りに見てきました。 阿部ちゃんはほとんどセリフなし。 ちゃぶ台を何度もひっくり返していました 結構主役の二人よりも端役の人達がいい味出してて私はすごくキャスティングがいいなぁと思いました。 なんかせつなくなる話で、幸江は「嫌われ松子」...
URL 2007/12/11(Tue)18:56:46
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
[11/25 まろん]
[02/22 まじん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]