忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 122121120118117* 116* 115114113112111 >  >>


劇中、矢太郎が宮城野に持ってくる絵の話です。
Yellow LOVE Marineではこの版画を使わせていただきました。

東洲斎写楽が残した絵の中には
そのものズバリ『宮城野』という題名の女形の役者絵もあります。
(この二人芝居の『宮城野』とは無関係)

当初、写楽のどの絵を使おうかと相談になった時、
もちろんその絵も候補には上がったのですが、、、
この宮城野さんがなかなか勇ましいというか、いかつくて、、、
まぁ、元は中山富三郎さんって男の方だから

どうもしっくりいかないし
『宮城野』ズバリもなぁ~とみんなで思い悩み。
それでお稽古では、もっと柔らかいお顔の、
宮城野の妹役の信夫(しのぶ)さんの絵をとりあえず。

そして本番も迫りくる頃、猪岡さんが見つけてきてくれたのですこの絵を

「えらいっ!!」
と、ひとめ見て、私も吉田トミーもこの絵が大好きに。
「この絵以外にはないっ!!」の勢い。
それは本当にピンときた、とか、感性に響いたという感じ

後でふと気付いたんですが
この大首絵の役者さん
どことなくトミー矢太郎に似ているなぁ、と。
それは日を追うごとに確信に。

本番では
前髪こそチョッキンナ、な矢太郎でしたが(急遽そうなった)
以前、猪岡さんに矢太郎の髪型を聞いた時、長い方がよいと言ったので
ずっとトミーは散髪せずで。
んでもって、お髭なんかも濃い~トミーくん。
相当にチャリも伸びていて。
「まー!!なんてそっくり!」

その上、演技中、興奮するトミー矢太郎が
普段は切れ長の目をクリンクリンさせるわけです。
「まー!まー!なんてそっくり!!」

080321_1455~01.jpg







ねっ似てるでしょ(笑)




終盤、一人になってからのシーンで
倒れ込んだ私が、この絵を引き寄せてそばに置くシーンがあるのですが
ここで非常に私的にはこの絵が威力を発揮してまして。
だって、矢太郎に似てるんやもん。
ほんで、稽古中に使ってたしのぶさんはあっちゃ向いてたけど(顔が左向き)
この絵はちゃんと、こっち向いてて。
ノンキな顔してこっち向いてて。
この顔に胸いっぱいの思慕が掻き立てられ、その狂おしい愛しさが
いつしか穏やかな気配で私を包んでくれるのです。




なぁんて、観てた方にもこれを読んでくださってる方にも
なんのこっちゃわからないかもしれませんが
ただただお気に入りの小道具でした、というお話。

今日4月3日、実は吉田トミーに初めて『宮城野』の話をした日。
全ては1年前の今日から始まった。
自分にさえも何の前触れなく始まった1年は、とても不思議な1年でした。
まるで誰かに与えられ、また加護を受けていたような。


by  藍田マリン


『宮城野』オフィシャルサイト
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
版画
質感を大事にしたかったので、
本物の木版画にしたほうがいいとおもい、
京都の寺町の版画屋さんにあったものから選びました。

矢太郎の絵への気持ちにも沿うようにと。
いのっち 2008/04/04(Fri)08:19:14 EDIT
Re:版画
本物は放っているエネルギーが全然違いましたね!
めちゃくちゃ惹きつけられました
【2008/04/04 21:08】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
[11/25 まろん]
[02/22 まじん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]