忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 339338337336335* 334* 333331330329328 >  >>



元々がラジオドラマであったため、
私は、通常のお芝居ではまずないくらい、役の掛け持ちっぷりemojiemojiemoji
その中には演劇人生初の男役もemoji
そして私には常々、実在の人物を演じてみたい、という望みがあったのですが
何を隠そう、私が演じる“永井くん”もまた、実在の方。
私にとっては、初、初、祭りな『ちひさきものうた』なんです。

永井くんのご両親はアメリカに居り、
日本人収容所に入れられていたと、
資料としてもらった「奈良の宿・日吉館」という書籍にはありました。
だから永井くんにとってきよのさんは、
本当にもう一人の母のような存在だったのだろうな、と思います。

永井くんは、會津八一さんにも大変かわいがられていた学生さんで
終戦近くに特攻隊員として空に飛び立ちました。



永井伸さん。

数十年を経て、自分がお芝居に登場するなんて夢にも思わなかったことでしょう。
いろんな意味含めてひょろこい私では、
本当の永井さんとは似ても似つかない【永井くん】ですが
女将さんの心にいつまでも残っていた明るく快活な笑顔で
どうか見ていてください、
とは、ちょっと厚かましいかな~emoji



ちなみに、先日載せた動画で
紙人形のマリコちゃんが劇中劇で演じている、
會津八一さん生涯の思い人【ふみ子さん】も実在の方。
おぐりんに写真を見せてもらったことがありますが、
マリコちゃん(すなわち私)の素っ頓狂っぷりからは
軽く百万光年emojiは離れた感じの
めっちゃくちゃ美しく麗しくemoji気品漂う女性です。
やいっつぁん、めんくいやのぉ~、この~、この~
と、うりうりしてしまいそうな絶世の美女ですemoji実際はemojiemoji



**********************************

『ちひさきもののうた』

原作:太田博太郎編『奈良の宿・日吉館』講談社
脚本・演出:大正まろん
作曲:穴見郁
音響:大西博樹

奈良の仏像や建築を研究する学者・学徒の常宿として知られていた「日吉館」。
宿の存在感を際立たせていたのは、
お客をもてなす機敏に通じた女将・田村きよの氏の存在だった。

本作品では、きよの氏を中心に、歌人・書家・美術史の會津八一をはじめ、
日吉館に集った人々が織りなした人間味溢れるエピソードをドラマ化。
きよの氏が引退を決意した心情にまで迫っている。

◆日時
2013年12月
6日(金)19:30-
7日(土)14:00-/19:00-

◆会場
大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
(大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪北館 タワーC713)

◆出演
後藤小寿枝、大江雅子、戎屋海老、藍田マリン、オットー高岡

◆Ticket
ご入場料:1500円(前売・当日共)

ご予約
http://histoire2011.net/archives/cat_1092766.html


**********************************



by   藍田マリン

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
無題
マリンちゃんブログ掲載ありがとう!!!!
記事、いつもわかりやすいし、読みやすいわ~!
ツイッターでリンクさせてもらいますね。
まろん 2013/11/25(Mon)09:26:21 EDIT
今日もお稽古お疲れ様でした!
おだてられたのでまたがんばって書きますな~
おぐりん、めっちゃ書いてるよね。
実ってたくさんの方にご来場いただけますように
【2013/11/26 00:16】
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
[11/25 まろん]
[02/22 まじん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]