忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 470468469467466* 465* 464463462461460 >  >>
あっという間に来週末は本番ですよ~




諸々の準備も加速度的にemojiemojiemojiemoji

というわけで
今回も写真係の『大人になったピノコ』は当日パンフ用の写真撮影emojiに行ってきました。
(※くじらstaffの方のツイッターで鈴美さんが私のことをそう呼んでいた・笑)

詳細をまだ聞いてなかったので
デザイナーのオットーさん到着まで、とりあえずピン写真撮ったり。

くじら企画emojiのパンフは、通し稽古の最中に
一人ずつ狙って撮った写真を組み合わせるパターンが多いのですが
どうやら今回はちょっと違う雰囲気にするみたいですよ~。
お楽しみにemoji

さて、オットーさんが到着するまでに撮影した写真がお蔵入り決定なので
ここに役者一覧で乗せとこ。
じゃーんemoji

総勢8人の豪華キャストemoji




前回見学した時はお休みが多くて観れなかったシーンもたくさんあったけど
今回はガッツリ全容観ましたよ。

…と言ってもずっと役者陣それぞれの抜き写真撮ってましたから
観たような観なかったような、、、なんですけどね。




こんな迫力のシーンも立ち上がってきていました。






このシーンでは
写真を撮りながらも芝居の世界に取り込まれてしまい、
以降、いたたまれなさから逃れ切れないままでした。

主人公・ノリオの雁さんと大格闘しているのは
母親役のおぐりん(小栗一紅さん)。


写真や動画、ばんばん撮って「サヨナフ」情宣もがんばってます。


おぐりん作・動画





彼女のブログもがんがん更新中~emojiemoji
http://blog.livedoor.jp/ogurikazue/archives/cat_50024065.html

参考資料や文献もたくさん読んで奮闘している様子。
そこから知ったこと感じたこと、あの時代のエッセンス、etc
ぎゅ~っと抱きしめて役に馴染ませて、ぽ~んと弾けてます。

割烹着も自分で汚しをかけた、こだわりの衣装emoji



もちろん藤井美保さんによる「くじらサヨナフ」日記も随時更新中emoji
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/banchou/nikki_20/nikki20.html#nikki20_11

美保さんは初演から通してノリオの姉を演じてます。
天才肌の女優さんです。(うらやましいっ!)



誰しもが唯一無二の役者であるには違いないけれど、
それでも「唯一無二の女優」という冠を捧げずにはいられない。
そういえば、ずっと以前に「サヨナフ」が再演候補としてチラッと上がった時、
こずえさんは「この役は藤井美保さんでなくては。」
そんなことを言っていた記憶が。
今回、無事出演が決まってよかったですね、こずえさんemojiemoji




初演の頃、
『いま、なぜ永山則夫なのか』なんてふうに
時代の隔たりも聞こえていたのに
再び隣合せの世相が来ているふうに感じるのは私だけ?

お芝居がリアルの世界に響き、
何かしらの架け橋になりますように。



おぐりんとこのブログから詳細、コピペでもらっとこ。

*******************************************
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
ウイングフィールド提携公演
■作:大竹野正典 
■演出:くじら企画
■出演 
秋月雁 戎屋海老 九谷保元 栗山勲 下村直裕(劇団大阪新撰組) 
藤井美保 小栗一紅 森川万里(桃園会)
■場所
ウイングフィールド (心斎橋)
TEL 06-6211-8427
■日時  
2017年
①12月15日(金) PM7時30分 開演
②12月16日(土) PM1時00分 開演
③12月16日(土) PM6時00分 開演
④12月17日(日) PM2時00分 開演
□チケット料金□
■前売券 2800円
■当日精算券 2800円
■当日券 3000円
■中高生券 1500円
※受付開始・開場は開演の30分前です。
劇団チケット予約

■スタッフ
舞台監督 谷本誠
照明 林 鈴美
音響 大西博樹
小道具 柴垣啓介(劇団ひまわり)
制作 秋津ねを(ねをぱぁく)
製作 塚本修 後藤小寿枝
故 大竹野正典さんの
2005年に書いたチラシの文章
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
 三年前の夏、私はこの作品を書くに当たって、永山則夫に関する書物をむさぼり読んだ。
しかし、その世界に 耽溺する程、彼の存在が、生々しい肉となって立ち現れ、私は日夜彼の亡霊にうなされ、悩まされ続けた。
深入 りすればする程、永山則夫が嫌いになる。彼がもし隣人であったなら、出来うる限り彼を避け、傍に近寄る事な ど無かったであろう。
 彼と暮らしたあの夏(本当にそう思っている)を、今でも時々思い出す。背筋に怖気が走る。
一ヶ月練習した 書きかけの台本を破り、役者の迷惑も顧みず、私は七転八倒した。
本番一週間前にかろうじてあがった台本に、 私は不安と恐怖を憶えた。
 永山則夫よ、この芝居は少しでも君という人間を伝えられただろうか?過酷過ぎる人生を送った君の純真と矛盾を、少しでも表現できたのだろうか?
 私の背中に永山則夫がピストルを突き付けて立っている。
私はしかし、脂汗をかきながらも、これが私の芝居 なのだと開き直り、射殺までのテンカウントを数えている。         

*******************************************





by   藍田マリン
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[01/27 藤井美保]
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]