忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 477476475474473* 472* 471470468469467 >  >>



もはや何でもありemoji

そう思ったのは何度目でしょう。
じっくり繰らないと、すでに思い出せませぬ。

詭弁・へりくつ・曲解・奇怪、なんでもござれのお店を広げてますよー。




emoji私は思うんですけれど。


決裁文書改ざん疑惑の件です、ええ。




さて。
今までも、いろんな場面で、いろんな人に
知らせたいこと、一緒に考えてもらいたいこと溢れるんですが、
それなりにトライも繰り返しているんですが、

もうね、コミュニケーション力、語彙力、文章力、
力量という力量が不足しているらしく、

もうね、ちっとも話がかみ合ってる気がしませんemoji


どこかで読んだ【伝達】に関する記事で
~書き手と読み手の共通体験が、前提としてないと全く伝えられません。~
と、ありました。


届けたい言葉を無事渡すためには、
まず相手に自分と同じ場所に立って、一緒の風景を見てもらい、
その上で、あの赤い花emojiを見てください、
あの一番高い木emojiを見てください、など
フォーカスしてもらうところまで、前段階でちゃんと導けないと困難。

道案内、難しいですemoji

最近、特に惨敗つづきemoji





ある日のことでございます(←「蜘蛛の糸」ふうemoji


私が求めてやまない、
すばらしい語彙力・文章力を持った方との(一方的な)めぐり逢いがemojiemoji


自分にできないことは、できる人のチカラを借りましょう。
ビバemoji他力本願emoji




この方は、まるで熟練の観光ガイドさんのようemoji
受け手の読解力に頼らない、とてもわかりやすい言葉での道案内。


道々、知識増えたり、情報知りえたりの、このお得感満載ブログ。
まず読み物として面白いところが素敵ですemoji

そんな素敵ブログにエントリーしていた中のひとつ、
ご本人の許可をいただいて
ここに全文転載させていただきます。

TKMAさん、ありがとうございますemojiemoji

見ず知らずの方に許可申請を試みたのは
そのエントリーが、私のとても危惧していることに関してのものだったから。

つい先日、自民党改憲案に
“政府への権限集中、国民の私権制限の規定方針を議論”
と報道されていた条文、
大規模災害(←曲者)に対応する【緊急事態条項】のことです。

“危惧”がどこにあるのか、
皆さんにも是非読んでいただきたいです。


*******************************************

【TKMAのブログ、本質トーク】  https://ameblo.jp/tkma-fkng/  より転載
『国ってなぁに? 今さら聞けない三権分立。』


皆さん、ちょっと聞きます。
 
よくニュースとかで、「国の見解は」なんていいますが、
こういうときの「国(くに)」って
何を指しているか、わかりますか?
 
恥ずかしながら私は、大人になるまであんまりわからなかったです。
というか、気にしなかったです。
 
でも、今はわかっています。
知りたくなって、調べましたので。
 
なので、もしよく知らないという人がいたら、
ひっそりここで読んでいってください。
 
 
国について知るには、
その前に、あることを理解しなくちゃなりません。
 
三権分立(さんけんぶんりつ)です。
聞いたことありますよね。三権分立。
 
「立法」「行政」「司法」の三つの権力のことです。
 
すっごく簡単に言うと、
「立法」というのは、ルールを作る権力。
「行政」というのは、立法がつくったルールの中で、
実際に国を運営する権力。
「司法」というのは、ルール違反した人がいた場合に、
罰を与える権力です。
 
なんとなくわかりますか?
 
ルールを作る人と、
ルールの中で運営する人と、
ルールをやぶった人を罰する人です。
 
この3つを、全部一人の人間がやると、独裁者になってしまいますよね。
昔は王様みたいな偉い人が、こういう権力を全部握って
好き放題やって国がめちゃくちゃになる、ということがあったので、
人類の知恵として、権力を3つに分散して、
互いに暴走しないように見張り合うことにしたのですよ。
 
それが、三権分立です。
 
 
で、このルールを作るところが国会です。
ルールに沿って運営する人が政府。
そしてルール違反を罰するのが裁判所、ということです。
 
さっきからずっと言っている「ルール」というのは
法律のことで、国会では国会議員が話し合って
国のルールである法律を作っているわけですね。
 
で、国会が作ったルールの範囲の中で、
実際に国を運営するのが政府で、
この政府を日本では「内閣」といい、
なんとか大臣とか、なんとか長官とか、
そういう人たちが、なんとか省とか、なんとか庁とか、
そういう役所を使って国を運営しているわけです。
 
よく官僚と呼ばれるのは、この「なんとか省」とかにいる
国の職員の偉い人のことですね。
 
図式がわかってきましたでしょうか?
 
となると、「国」というのは、政府のことを指すわけです。
図式がわかると、ちょっと面白くないですか?
 
 
さて、なんでこんなことを説明したか、と言いますと、
いまの日本の総理大臣である安倍晋三さんが、
いま、どんなにヤバいことをやろうとしているのか、
ということを知っていただきたいからなんですね。
 
先ほど説明した「三権分立」は、なんのためにあるのか、というと、
理由はたったひとつです。
 
「独裁を防ぐため」です。
 
ここでいう独裁、というのは、ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーや
今の北朝鮮を想像していただければいいと思います。
 
一人の権力者に権力を集中して、その人が好きなように国を操る状態です。
 
そこには、国民の「基本的人権」がありません。
簡単に言えば、国民に一切の自由がない、ということです。
 
そして、先ほどの三権分立のうち、
どのふたつであろうと、同時にひとりの権力者が握ってしまえば、
仕組みとして崩壊してしまうのです。
 
ルールを作る人と運営する人が同じなら、
ルール違反を訴える人がいても無駄ですよね?
 
運営する人とルール違反を訴える人が同じなら、
ルールを無視しても止められませんよね?
 
ルールを作る人とルール違反を罰する人が同じなら、
どんな運営者もなきものにできますよね?
 
どれかふたつを握ってしまえば、その段階で、独裁の成立なのです。
 
 
今、安倍晋三さん率いる自民党が中心となって、
憲法を改正しようということを声高に言っています。
 
いろんな問題点があるのですが、
本当に本当にヤバいアイテムが、「非常事態条項」というものなんですね。
 
安倍晋三さんが言うには、それはこういう内容です。
 
大きな災害(巨大地震)や事故(原発事故のような)、
あるいは他国から武力攻撃を受けた時などで、
総理大臣が「非常事態だ」と宣言すると、
国会ではなく政府が法律を自由に作ることができ、
選挙は行われず、国民の基本的人権を停止することができる。
また、国民は国の命令に従わなければいけなくなる。
 
そういうものが、非常事態条項です。
 
安倍晋三さんが言うように、世界各国に、非常事態に備えたルールはあります。
もちろん、日本にもすでにあります。
 
が、世界のどこを見ても、このように旧世代的な、
独裁に転用されそうなルールを決めている国はないのです。
 
それと、非常に非常にヤバいのは、
政府が、国会の議論なしに法律を作る権利を握ってしまうので、
三権分立のうちのふたつを、政府が握るということなのです。
 
非常事態はもちろん解除できるのですが、
100日ごとに国会で継続を承認するという形をとるようで、
そもそも、こんなルールが作れてしまう段階で
国会は与党の圧倒的多数になっており、
国会の承認は降り放題なはずなのと、選挙が行われないことは
国会議員にとっても都合がいいので、
誰も非常事態を解除したがらない、ということになるのです。
 
こんなルールを、安倍晋三さんは、
国の最高法規である憲法に入れようとしているのです。
 
こればっかりは、パヨクもネトウヨも、
みんなで手を組んで反対しないといけません。
 
だって独裁国家にされてしまえば、
パヨクもネトウヨも、国民は十把一からげに奴隷にされてしまいますから。
 
今までのような小手先の対立ゲームも
できなくなってしまうということなのです。
 
ということで、みんなで仲良く反対しましょうね!
非常事態条項!!!

*******************************************
せっかくなので、私が拝読した
他のエントリーもピックアップしておきます。


『論破することの無意味さ。』←思わずヘッドバンギング級な、うなずき同意です。
『怒らないでください。』←TKMAさんのブログを知ったきっかけ記事。人の怒りの感情に触れる機会が多くなっていたので癒されました。
『実は、我々みんなで歴史をつくっているのです。今日も。』←考察がとても興味深かったです!

『我々は長州の作った日本に住んでいる。』←上emojiの考察が興味深かったので、同じカテゴリー記事を遡ってみました。
『ポツダム宣言を読んでみた。』←ポツダム宣言を読んだことのない方、ぜひ。
『会社化する国、日本』←私が気になっている“水の民営化”についても触れられてます。





TKMAさんのブログは
問題の本質が、わかりやすく説明されている記事がいっぱい。
みんなの、いろんなことを考えるきっかけとなるとよいなー。
多くの方が触れて、広げていってほしいなー。

読み手さん、
あなた頼みのわたしですemoji




by   藍田マリン
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[01/27 藤井美保]
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]