忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 479478477* 476* 475474473472471 >  >>
web magazine 日刊☆えんぶに
大竹野さんのことが掲載されてますemojiemoji
なんでも、ここでは
~演劇史に名を残す“過剰な作家”の作品~を取り上げられているとのこと。

大竹野正典『夜、ナク、鳥』
http://blog.livedoor.jp/nikkann-kajo/archives/51946593.html

作品の魅力や筆致を、
花組芝居の植本純米さんと、えんぶ編集長の坂口真人さんが
軽妙なやりとりで、雄弁に語っていらっしゃいます。
ぜひ、ご一読をemoji



4月から始まりました、
『一緒に読んでみよう』シーズン6

おかげさまで『山の声』、楽しく終えることができました。
ありがとうございますemojiemoji

くじら企画Facebookに、当日一連の写真をアップしています。
雰囲気楽しんでもらえたら幸いですemoji


次回の『一緒に読んでみよう』の案内の前に
私の手元に
追悼公演時とグリーンフェスティバル版
『山の声』公演写真があることですし、
それも混ぜ合わせながら
先日を少し振り返ろうと思います。

公演写真も載せたなら
参加したことがない方にも、より『山の声』がそこはかとなく想像できて
あわよくば、大竹野作品に関心持っていただいたり、
『一緒に読んでみよう』に参加してみようかなーと思っていただけたりするやろか~emoji
な、下心でGoemojiemoji


『山の声』は
孤高の登山家・加藤文太郎さんの遭難事故を描いた物語。
出演者はたった二人。
過去3度、上演しています。

これは追悼公演時の写真。




さ、みんなで上の写真の世界に入っていきますよ~。










参加人数は少数だったため、
どんどん順番の回ってくる『一緒に読んでみよう』でした。


初参加者さんの中には、
読書会イストワールワークショップにも参加されていたあの方の姿もemoji

コンプリートemojiありがとうございますemojiemojiemoji


満を持して実際のキャスト、海老さんと村尾さんペアが登場~emoji

どうですかemoji
見えるはずのない山小屋や雪が見えるのではemoji





実はemoji

『山の声』の主役はemojiemoji

と言い切るスタッフ陣もいるほどの舞台。
後半がすさまじいのですemojiemoji

実際の公演では【雪ふらし隊emoji】なる部隊が
くじら企画ゆかりの役者を中心に組まれ(もちろん私も雪降らし隊員emoji)、
チラチラだったり豪雪にしたり、緩急豊かに、リアル臭満載に降らせましたよ。

お客さんのひとりが
~雪が演技をしていたemoji~と。

そりゃあemoji
我々はっemoji
役者ですからっemojiemoji

各々の鼻の穴がむ~んemojiと膨らむお褒めの言葉でありましたemoji


そんな『山の声』。
美しいラストシーンの独白が巡ってきたのは、
大竹野作品『海のホタル』に出演もされていた、イシダトウショウさん。


「あの~、こんな札もらったんですけど~」

首にぶら下げた【登山者1】の名札をいじりながら登場。

本番と同じように、くじら企画音響担当の大西さんオペで音楽emojiも入るシーンです。
こりゃもうしくじりは許されますまい!?

アー、アー、アー
のどのコンディション確認中。






前後しますが、
このシーンの前は、雪も、観ている者の心も乱れる遭難シーンでした。












『読んでみよう』では当然のごとく
視覚効果はなく、ただただセリフのみ。

読み手さんの声と言葉がぎゅっと一体になる様子を写真撮りつつ、
改めて、この脚本のチカラ、すごいな~と
私は心をもっていかれてました。





さぁて、トウショウさんの準備は整ったでしょうか。

ラストは打って変わって静謐ですよ~。
銀世界が、無垢な空気に包まれているのです。

登山者1のセリフもまた、雪emojiのように無垢なのです。



ビシッと写真撮るで~emoji
と、シーン始まる前からどしどしシャッターを切ります。

ありemojiなんだかほろ酔い風味に写ってしまう~emoji

プレビューを確認しぃしぃ、自分の腕の悪さを焦っておりましたemoji


海老さんが輝く笑顔で演じたシーン。

果たして上手く撮れるか心配…


トウショウさんバージョン。
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・ 
       ・
       ・
       ・   
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
キラキラリーンemoji

いやん。よかった、さわやかBOYに撮れたわ!
トウショウさんファンの方々、どうぞお納めくださいemoji



こうしてラストまで無事終えたのですが、
予想に反して時間に余裕が。

そこでリクエストを伺い、お二方に読んでいただきましたemoji

まず手を挙げてくださったのは、
『読んでみよう』のことは勝手知ったる!?リピーターの方。
ご参加ありがとうございますemoji

ラストシーンにチャレンジemoji




emoji
トウショウさんに負けるわけにはいかないと!?
海老さん顔負け、渾身のバタン!を披露emoji

迫真、ありがとうございましたemoji



続いて初参加の彼女がリクエストしてくれたシーンは
海老さんとがっつり向き合う場面。




彼女は若手女優さんとのこと。

最初から最後まで
いろんな方が入れ替わり立ち替わり演じる様子を
脚本にはいっさい目を落とさず、食い入るように見つめてました。
ず~っと。

ガン見です。


ガンガン見emoji


満喫してくれている様子がうれしかったです。
ありがとうございましたemoji



たくさん読む番があって充実感があったのか
今回は劇集成をお持ちでない方が、2人も購入してくださいましたyoemoji
まだまだ絶賛発売中emoji

どうぞよろしくお願いしますemojiemoji




さて、次回の告知です。

毎年月イチ開催ですが、今年5月はイレギュラーとなり、お休み。
6月5日の火曜日に開催です。
大竹野さんの初期作品「二階の人々」という作品を読みますよ~emoji


~ある日ふと、会社帰りの駅のホームで
 家と反対側に向かう電車に乗ってしまい、
 月までも彷徨って行く男と、男を待つ家族の物語~


この作品、海老さんが知らないと言っていたくらいなので
スタッフもほぼリアルで知らないのでは。

もちろん私も知りませんemoji

先ほど、読んでみました。

大竹野さんの初期作品は
私にとって不気味なものが多い~emoji
この作品もホラーemojiの匂い、しましたemoji

何度も上演された『山の声』とは対照的に、
誰の心の中にも出来上がった世界のない作品。

参加者の方々と共に立ち上げる時間が楽しみですemoji

皆さん、奮ってご参加してください。

「読むのはちょっと…」という方は
“聞くだけ参加”という手もありますemoji
是非どうぞ。
読後の懇親会emojiは自由参加。
写真撮影は、毎回皆さんにお伺いし、NGな方は写してません。
心配なく参加くださいね。
お問い合わせ&参加申込みはこちらから。
       emoji

心よりお待ちしています。







by   藍田マリン
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[01/27 藤井美保]
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]