忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 1234567 >  >>

くじら企画『サヨナフ』全公演、無事終了いたしましたemoji

ご来場いただきました皆様、
応援くださった皆様、
諸関係者の皆様、
ありがとうございましたemoji
心より感謝いたしますemoji

そしてキャスト&スタッフの皆さん、
大変お疲れ様でしたemoji



今回の公演『サヨナフ』に関する最初のブログの題名は【冒険】

大竹野さんが亡くなって以降の公演で
くじら企画作品におけるメインキャストをがっつり違えたのは初めてだったから。

そうなった経緯はおぐりんがブログにアップしていますので
こちらでどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/ogurikazue/archives/52142175.html

多数決も取っての決定。
私も『サヨナフ』に手を挙げましたemoji

その時、雁さんなら何も心配いらないという気持ちの中で
演出、大竹野さんの不在という現実が一瞬浮かび、
流れ星emojiのように光って消えていきました。

お稽古を見に行った時、
今までに私が見たことがない雁さんの苦悩っぷりに
流れ星emojiのことを思い出しました。



風太郎さんにアテガキした役を雁さんが演じる日が来るなんて
大竹野さんも予想だにしていなかったことでしょうemoji

雁さんの苦悩を尻目に
きっと演出をしていた時のような
キラキラワクワクemojiした目をして面白がっていたんじゃないかな。
そして雁さんはじめ、『サヨナフ』キャスト陣を見えない力で励まし、
後押ししていただろうな~って思っていますemoji



いろんな困難もあったでしょうけど
冒険の航海emojiで辿り着いた先は『宝島』。
くじら企画が新しく手にしたものはとても大きかったと思いますemoji

写真撮影emojiでしか係わっていない私にも
思い出深い作品のひとつとなりました。

ありがとうございましたemoji






灯りemojiをつくる人でなく、闇emojiをつくる照明さんと呼ばれる、鈴美さん。
したがって写真係にとっては非常に手ごわい舞台となるわけですが、
その美しさemojiといったら、もう。

カメラemojiの性能向上で何とか写せたラストシーン。

でも当然のことながら、目の当たりに見る美しさには到底及ばず。
多分、映像でも難しいだろうなぁ~。
あの美しさをそのままには届けられず、残念無念。


取り急ぎで送った画像をおぐりんが動画emojiにしてくれていましたemoji
仕事、はやっemoji
こちらにも掲載させてもらいますね~(おぐりんへ)

くじら企画『サヨナフ』の匂いを感じていただけると幸いです。



くじら企画Facebookにも早速アップされてましたemoji
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi
シーンそれぞれにいろんな方がいいねや感想や思いをコメントくださっていて。
写真で皆さんに『サヨナフ』を再共有していただけて、とても幸せに思います。
ありがとうございますemoji




by   藍田マリン
PR


本日2本目は
『サヨナフ』主人公を演じる、このお二人のご紹介。



自転車に乗って、地に足がついていないのが可愛らしい。


ノリオの少年時代を演じるのは、森川万里さん(桃園会)。

見ての通り、大きな大きな瞳の万里さん。

白目がきれいな人っていう印象を持っていて。
まじまじと観察したことはないですけどね。

衣装の白いシャツが、よりその印象を強めます。
未完成な年代の、まっすぐな正義感を宿しているよう。

その瞳を伏せた時に滲む孤独が悲しいです。



パンフ写真撮りに行った日、帰りに万里さんに聞いてみました。

「どのシーンが一番難しいですか?」
「最後のシーンですかね」
「写真を撮っていたから芝居はよく観れてないけど、万里さん、とてもきれいな顔してますよ」


「なんか、できるような気がしてきました!」


心に残る、美しいシーンだと思います。





主人公・ノリオは秋月雁さん。


凶悪犯罪を犯した者の生い立ちが取り立たされる時、
その環境が苛酷であったと知ることも少なくありません。
そこに目を向けながらも

それでも
同じような苛酷さを抱えた方々は他にもいるし、
そして多くは犯罪の道を歩まない。

そういう思いに行き着くこともしばしば。

雁さんが悩み、格闘して生み出したノリオは
そんな第三者の立ち位置から私を引きずりおろし、
いやおうなく自分や
自分の大切な人のことのように体感させてしまう、
とても恐いノリオです。









こちらはおぐりんが作った情宣画像のうちの1枚。

仕込み最中の撮った写真を使っているのかな?
このバナーに惹かれます。
作品『サヨナフ』の淋しさが、漂っている気がするから。



いよいよ明日が初日。
会場でお待ちしています。

*******************************************

「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
ウイングフィールド提携公演
■作:大竹野正典 
■演出:くじら企画
■出演 
秋月雁 戎屋海老 九谷保元 栗山勲 下村直裕(劇団大阪新撰組) 
藤井美保 小栗一紅 森川万里(桃園会)
■場所
ウイングフィールド (心斎橋)
TEL 06-6211-8427
■日時  
2017年
①12月15日(金) PM7時30分 開演 ※前売り完売
②12月16日(土) PM1時00分 開演
③12月16日(土) PM6時00分 開演
④12月17日(日) PM2時00分 開演 ※前売り完売
□チケット料金□
■前売券 2800円
■当日精算券 2800円
■当日券 3000円
■中高生券 1500円
※受付開始・開場は開演の30分前です。
劇団チケット予約
http://stage.corich.jp/stage/82469
■スタッフ
舞台監督 谷本誠
照明 林 鈴美
音響 大西博樹
小道具 柴垣啓介(劇団ひまわり)
制作 秋津ねを(ねをぱぁく)
製作 塚本修 後藤小寿枝

故 大竹野正典さんの
2005年に書いたチラシの文章
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
 三年前の夏、私はこの作品を書くに当たって、永山則夫に関する書物をむさぼり読んだ。
しかし、その世界に 耽溺する程、彼の存在が、生々しい肉となって立ち現れ、私は日夜彼の亡霊にうなされ、悩まされ続けた。
深入 りすればする程、永山則夫が嫌いになる。彼がもし隣人であったなら、出来うる限り彼を避け、傍に近寄る事な ど無かったであろう。
 彼と暮らしたあの夏(本当にそう思っている)を、今でも時々思い出す。背筋に怖気が走る。
一ヶ月練習した 書きかけの台本を破り、役者の迷惑も顧みず、私は七転八倒した。
本番一週間前にかろうじてあがった台本に、 私は不安と恐怖を憶えた。
 永山則夫よ、この芝居は少しでも君という人間を伝えられただろうか?過酷過ぎる人生を送った君の純真と矛盾を、少しでも表現できたのだろうか?
 私の背中に永山則夫がピストルを突き付けて立っている。
私はしかし、脂汗をかきながらも、これが私の芝居 なのだと開き直り、射殺までのテンカウントを数えている。 
        
*******************************************

by   藍田マリン


くじら企画、月曜日から小屋入りしていて、すでに仕込みも万端な模様emoji
私も昨日はウイングフィールドにemojiemoji

おおお~emojiすっかり舞台も完成していてテンションアップemojiemoji



さて、歌emojiとダンスemojiは不得手との定評があるくじら企画emoji
そんな評判を吹っ飛ばせぃっemojiとばかりに
今回は歌の先生emojiが指導に当たってくださってますemoji

昨日は最終指導に来てくださってましたemojiemojiemoji


まずは前回までの練習の成果を披露する面々。


初めて聞く私は
「く、くじら企画ではないっemoji

すでに聴いたことがないクオリティでした(当社比)emoji


そこに先生の新たな指導が入りますemoji

先生、かっこいい~emoji


みんなでアドバイスを実践中。



さらに先生、いろんな比喩を駆使して、
わかりやすく、体現に持ち込みます。さすがっemojiemojiemoji


「ティッシュを1枚取るように~」とかねemoji


「うんこ踏んだ時の“う”!」とかねemoji


私なんぞは、心の中で(うんこemoji踏んだ時の“う”~っemojiemojiemojiemojiemojiemoji)と
幼稚園児なみのハイemojiになりましたが、
みんなはクスリともせず、真剣でしたemoji(メ、メモっているemoji



先生のおかげで
聴いていると涙が滲んでしまうような素敵な歌になってますemoji
ありがとうございますemoji





歌の後は時間の限り、通し稽古。

こずえさんの千本ノックを受けたらしい、
『サヨナフ』カルテット衆、パワーアップがハンパなかったですemoji



みんなのガツガツな吸収力を見ていると、
残された本番までの少ない時間で、
まだまだ昇っていきそうemoji


皆様、どうぞお楽しみにemoji



*******************************************
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
ウイングフィールド提携公演
■作:大竹野正典 
■演出:くじら企画
■出演 
秋月雁 戎屋海老 九谷保元 栗山勲 下村直裕(劇団大阪新撰組) 
藤井美保 小栗一紅 森川万里(桃園会)
■場所
ウイングフィールド (心斎橋)
TEL 06-6211-8427
■日時  
2017年
①12月15日(金) PM7時30分 開演 ※前売り完売
②12月16日(土) PM1時00分 開演
③12月16日(土) PM6時00分 開演
④12月17日(日) PM2時00分 開演 ※前売り完売
□チケット料金□
■前売券 2800円
■当日精算券 2800円
■当日券 3000円
■中高生券 1500円
※受付開始・開場は開演の30分前です。
劇団チケット予約
http://stage.corich.jp/stage/82469
■スタッフ
舞台監督 谷本誠
照明 林 鈴美
音響 大西博樹
小道具 柴垣啓介(劇団ひまわり)
制作 秋津ねを(ねをぱぁく)
製作 塚本修 後藤小寿枝
故 大竹野正典さんの
2005年に書いたチラシの文章
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
 三年前の夏、私はこの作品を書くに当たって、永山則夫に関する書物をむさぼり読んだ。
しかし、その世界に 耽溺する程、彼の存在が、生々しい肉となって立ち現れ、私は日夜彼の亡霊にうなされ、悩まされ続けた。
深入 りすればする程、永山則夫が嫌いになる。彼がもし隣人であったなら、出来うる限り彼を避け、傍に近寄る事な ど無かったであろう。
 彼と暮らしたあの夏(本当にそう思っている)を、今でも時々思い出す。背筋に怖気が走る。
一ヶ月練習した 書きかけの台本を破り、役者の迷惑も顧みず、私は七転八倒した。
本番一週間前にかろうじてあがった台本に、 私は不安と恐怖を憶えた。
 永山則夫よ、この芝居は少しでも君という人間を伝えられただろうか?過酷過ぎる人生を送った君の純真と矛盾を、少しでも表現できたのだろうか?
 私の背中に永山則夫がピストルを突き付けて立っている。
私はしかし、脂汗をかきながらも、これが私の芝居 なのだと開き直り、射殺までのテンカウントを数えている。         
*******************************************




by   藍田マリン
おぐりんが【サヨナフ 予告編3 】を発表していたので
連続投稿。

本番目前、きっと疲れもピークだろうにがんばるなぁ!
私の撮った写真もちょこっと登場(ってか、私も一瞬登場しているemoji
ぜひ観てください。




相変わらずブログの更新も積極的な、おぐりん。
先日は【永山の母、ヨシさんについて少し #サヨナフ】という題名の記事を書いています。

『サヨナフ』は本当にあった事件が題材。
芝居といえど、どの方向を向いても苦しみ深い物語で
私は役者紹介は書けても、なかなか物語に踏み込めなくて。

彼女が演じる母親の壮絶な人生の一端が書かれているので
読んでみて下さいね。
http://blog.livedoor.jp/ogurikazue/archives/52141702.html



おぐりんの手にした資料の中には、私の所持する本もあったりします。
それは堀川 惠子さんが書いた『永山則夫 封印された鑑定記録』。

『サヨナフ』の芝居には登場しないけれど
私は、永山さんのお父さんについて、とても気になって仕方ないことがあるので
少し、ここに書きとめておこうと思います。

永山さんのお父さんは腕のよいリンゴの枝の剪定師だったようですが
お酒を飲んで暴れたり、博打にのめり込んだりで、行方をくらませ、
最終的には行き倒れで亡くなっています。

そんなどうしようもない父親を絵に描いたような人物だったようですが、
上の兄弟が持っている父親の記憶には家族らしい良い思い出もあり、
どうも下の兄弟たち(則夫さんは8人兄弟の7人目の四男)に残る父親像とは
違いがあるようだとその本にはありました。

特にその部分はクローズアップされていませんでしたが、
上の兄弟と下の兄弟の間にあったのは【戦争】です。
兵隊として出征して生きて帰ってきたお父さん。

“PTSD”

そんな単語が頭に浮かび、消えません。

『サヨナフ』のお芝居には直接関係ないんですけどね。





動画には及びませんが、私も情宣画像を作ってみましたよ。  




後はここに写るお二人、
秋月雁さんと森川万里さんの紹介ですね。
また、時間見つけて更新しますemoji





12月7日の毎日新聞夕刊に『サヨナフ』の記事を掲載したいただいたようです。
こちらもぜひ読んでみてください。
https://mainichi.jp/articles/20171207/ddf/012/200/005000c



*******************************************
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
ウイングフィールド提携公演
■作:大竹野正典 
■演出:くじら企画
■出演 
秋月雁 戎屋海老 九谷保元 栗山勲 下村直裕(劇団大阪新撰組) 
藤井美保 小栗一紅 森川万里(桃園会)
■場所
ウイングフィールド (心斎橋)
TEL 06-6211-8427
■日時  
2017年
①12月15日(金) PM7時30分 開演 ※前売り完売
②12月16日(土) PM1時00分 開演
③12月16日(土) PM6時00分 開演
④12月17日(日) PM2時00分 開演
□チケット料金□
■前売券 2800円
■当日精算券 2800円
■当日券 3000円
■中高生券 1500円
※受付開始・開場は開演の30分前です。
劇団チケット予約
http://stage.corich.jp/stage/82469
■スタッフ
舞台監督 谷本誠
照明 林 鈴美
音響 大西博樹
小道具 柴垣啓介(劇団ひまわり)
制作 秋津ねを(ねをぱぁく)
製作 塚本修 後藤小寿枝
故 大竹野正典さんの
2005年に書いたチラシの文章
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
 三年前の夏、私はこの作品を書くに当たって、永山則夫に関する書物をむさぼり読んだ。
しかし、その世界に 耽溺する程、彼の存在が、生々しい肉となって立ち現れ、私は日夜彼の亡霊にうなされ、悩まされ続けた。
深入 りすればする程、永山則夫が嫌いになる。彼がもし隣人であったなら、出来うる限り彼を避け、傍に近寄る事な ど無かったであろう。
 彼と暮らしたあの夏(本当にそう思っている)を、今でも時々思い出す。背筋に怖気が走る。
一ヶ月練習した 書きかけの台本を破り、役者の迷惑も顧みず、私は七転八倒した。
本番一週間前にかろうじてあがった台本に、 私は不安と恐怖を憶えた。
 永山則夫よ、この芝居は少しでも君という人間を伝えられただろうか?過酷過ぎる人生を送った君の純真と矛盾を、少しでも表現できたのだろうか?
 私の背中に永山則夫がピストルを突き付けて立っている。
私はしかし、脂汗をかきながらも、これが私の芝居 なのだと開き直り、射殺までのテンカウントを数えている。         
*******************************************




by   藍田マリン
今年話題になったドラマのひとつに『カルテット』がありましたが、
今日はくじら企画『サヨナフ』における“カルテット”の面々をご紹介~emoji

『サヨナフ』にはニコイチならぬヨンコイチemojiで奏でる賑やかなシーンがあって。




まず一番左に写るは秋月雁さんと共にくじら企画の屋台骨の一人、
戎屋海老さん。
いつもいつもフォトジェニックemojiすぎて
気がつけば「海老さんばかり撮ってるやんemoji」な時もしばしば。

今回もこんなだったり、こんなだったり、こんなだったりが撮れましたemoji






“怪優”の称号をほしいままにしているような海老さんですが
普段はとってもシャイで口数も多くなく、
舞台を先に観た人は、その姿に内心驚くことでしょう。

そんな海老さん、
舞台がハネた後の打ち上げの時だけは、いつもすこぶる饒舌emojiに。
海老さんがテンション高く、時に毒舌ふるう姿に
「ああ、海老さんは心底、本当に芝居が好きなんだなぁ」と
なんだか私には感動に似た、込み上げてくるものがあるのです。

今回も振り切ってますyoemoji





大阪新撰組から参加の下村直裕さんは多才で
俳優はもちろん、演出や作家や裏方もがっつり出来て頼りになる人emoji
役割ごとに名前も使い分けていて、
え~と【下村直裕】【しもむらさんぞ~】【栖参蔵】【中島忠靖】
覚えきれん~emojiemoji

私は“さんぞ~さん”って呼んでます。
“さんぞ~”は何仕様の時の名前なんやろか(??)

芝居についての会話の端々に
俳優以外のポジションからの視点emojiがあって
さすがだな~と。

『サヨナフ』カルテット、大暴れemojiの様相なのですが
元々体格のよいさんぞ~さん、ひときわ大きく見えます。大迫力emojiです。
2枚目がくずれようと何らかまいませんemoji
ご堪能くださいemoji
 

 

 


 


お次は栗山勲さん。

くじら企画の男優陣を紹介する時、
シャイで口数少なく、、、と書くことが多いのですが
栗山さんだけは当てはまりませんのよ~。

“熱い男emoji



きっと周りの誰もが異論なしでしょう。

今回はガードマンemojiの衣装ですが
こういったコスチュームがとてもよく似合いますemoji


後輩emoji思いでね、
相談にのっている姿、よく目にしたり耳にしたりしています。

今回の『サヨナフ』男優陣では唯一初演から同じ役で出演。
ということは、大竹野さんの『サヨナフ』演出を肌に記憶している役者さんってこと。
お稽古では、初演・再演と今の『サヨナフ』を繋ぐ存在なのかも知れないな~って
思っていますemoji





一番右は九谷保元さん。
彼を撮る機会も、もう何度目かなemoji
今回の九谷さん、どの写真も表情が愛らしく素朴emojiで。
ほら。
 

 

 
シーンとしては“カルテット”な部分も多いけれど
九谷さんがしっかりと“個”の役作りしているから
その役柄の人間性が知らず知らずにじみ出ているんだと思う。

本当の九谷さんもとっても優しい人ですよ~emoji
2年程前だったでしょうか。
大竹野作品の上映会を定期的にしていた頃、年末開催となったことがあって、
参加者の申込み少なく、私も参加できなくて、集客の心配してました。
後日、こずえさんから「まずますのお客さんが来てくれました」とメールemoji
そんな報告メールをもらったことがなかったので不思議に思っていたら
九谷さん、私がすごく集客の心配していたからメールで教えてあげたら、って
こずえさんに言ってくれたようで。

そんな優しいemoji九谷さんです。

カルテットの面々、一人ひとりの役にも要ご注目。



 くじら『サヨナフ』カルテット、
シーンとしての写真がない分、
ぜひ想像膨らませて楽しみにしてくださいemojiemojiemoji


*******************************************

「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
ウイングフィールド提携公演

■作:大竹野正典 
■演出:くじら企画
■出演 
秋月雁 戎屋海老 九谷保元 栗山勲 下村直裕(劇団大阪新撰組) 
藤井美保 小栗一紅 森川万里(桃園会)
■場所
ウイングフィールド (心斎橋)
TEL 06-6211-8427
■日時  
2017年
①12月15日(金) PM7時30分 開演 ※前売り完売
②12月16日(土) PM1時00分 開演
③12月16日(土) PM6時00分 開演
④12月17日(日) PM2時00分 開演
□チケット料金□
■前売券 2800円
■当日精算券 2800円
■当日券 3000円
■中高生券 1500円
※受付開始・開場は開演の30分前です。
劇団チケット予約
http://stage.corich.jp/stage/82469
■スタッフ
舞台監督 谷本誠
照明 林 鈴美
音響 大西博樹
小道具 柴垣啓介(劇団ひまわり)
制作 秋津ねを(ねをぱぁく)
製作 塚本修 後藤小寿枝

故 大竹野正典さんの
2005年に書いたチラシの文章
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
 三年前の夏、私はこの作品を書くに当たって、永山則夫に関する書物をむさぼり読んだ。
しかし、その世界に 耽溺する程、彼の存在が、生々しい肉となって立ち現れ、私は日夜彼の亡霊にうなされ、悩まされ続けた。
深入 りすればする程、永山則夫が嫌いになる。彼がもし隣人であったなら、出来うる限り彼を避け、傍に近寄る事な ど無かったであろう。
 彼と暮らしたあの夏(本当にそう思っている)を、今でも時々思い出す。背筋に怖気が走る。
一ヶ月練習した 書きかけの台本を破り、役者の迷惑も顧みず、私は七転八倒した。
本番一週間前にかろうじてあがった台本に、 私は不安と恐怖を憶えた。
 永山則夫よ、この芝居は少しでも君という人間を伝えられただろうか?過酷過ぎる人生を送った君の純真と矛盾を、少しでも表現できたのだろうか?
 私の背中に永山則夫がピストルを突き付けて立っている。
私はしかし、脂汗をかきながらも、これが私の芝居 なのだと開き直り、射殺までのテンカウントを数えている。         
*******************************************





by   藍田マリン



あっという間に来週末は本番ですよ~




諸々の準備も加速度的にemojiemojiemojiemoji

というわけで
今回も写真係の『大人になったピノコ』は当日パンフ用の写真撮影emojiに行ってきました。
(※くじらstaffの方のツイッターで鈴美さんが私のことをそう呼んでいた・笑)

詳細をまだ聞いてなかったので
デザイナーのオットーさん到着まで、とりあえずピン写真撮ったり。

くじら企画emojiのパンフは、通し稽古の最中に
一人ずつ狙って撮った写真を組み合わせるパターンが多いのですが
どうやら今回はちょっと違う雰囲気にするみたいですよ~。
お楽しみにemoji

さて、オットーさんが到着するまでに撮影した写真がお蔵入り決定なので
ここに役者一覧で乗せとこ。
じゃーんemoji

総勢8人の豪華キャストemoji




前回見学した時はお休みが多くて観れなかったシーンもたくさんあったけど
今回はガッツリ全容観ましたよ。

…と言ってもずっと役者陣それぞれの抜き写真撮ってましたから
観たような観なかったような、、、なんですけどね。




こんな迫力のシーンも立ち上がってきていました。






このシーンでは
写真を撮りながらも芝居の世界に取り込まれてしまい、
以降、いたたまれなさから逃れ切れないままでした。

主人公・ノリオの雁さんと大格闘しているのは
母親役のおぐりん(小栗一紅さん)。


写真や動画、ばんばん撮って「サヨナフ」情宣もがんばってます。


おぐりん作・動画





彼女のブログもがんがん更新中~emojiemoji
http://blog.livedoor.jp/ogurikazue/archives/cat_50024065.html

参考資料や文献もたくさん読んで奮闘している様子。
そこから知ったこと感じたこと、あの時代のエッセンス、etc
ぎゅ~っと抱きしめて役に馴染ませて、ぽ~んと弾けてます。

割烹着も自分で汚しをかけた、こだわりの衣装emoji



もちろん藤井美保さんによる「くじらサヨナフ」日記も随時更新中emoji
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/banchou/nikki_20/nikki20.html#nikki20_11

美保さんは初演から通してノリオの姉を演じてます。
天才肌の女優さんです。(うらやましいっ!)



誰しもが唯一無二の役者であるには違いないけれど、
それでも「唯一無二の女優」という冠を捧げずにはいられない。
そういえば、ずっと以前に「サヨナフ」が再演候補としてチラッと上がった時、
こずえさんは「この役は藤井美保さんでなくては。」
そんなことを言っていた記憶が。
今回、無事出演が決まってよかったですね、こずえさんemojiemoji




初演の頃、
『いま、なぜ永山則夫なのか』なんてふうに
時代の隔たりも聞こえていたのに
再び隣合せの世相が来ているふうに感じるのは私だけ?

お芝居がリアルの世界に響き、
何かしらの架け橋になりますように。



おぐりんとこのブログから詳細、コピペでもらっとこ。

*******************************************
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
ウイングフィールド提携公演
■作:大竹野正典 
■演出:くじら企画
■出演 
秋月雁 戎屋海老 九谷保元 栗山勲 下村直裕(劇団大阪新撰組) 
藤井美保 小栗一紅 森川万里(桃園会)
■場所
ウイングフィールド (心斎橋)
TEL 06-6211-8427
■日時  
2017年
①12月15日(金) PM7時30分 開演
②12月16日(土) PM1時00分 開演
③12月16日(土) PM6時00分 開演
④12月17日(日) PM2時00分 開演
□チケット料金□
■前売券 2800円
■当日精算券 2800円
■当日券 3000円
■中高生券 1500円
※受付開始・開場は開演の30分前です。
劇団チケット予約

■スタッフ
舞台監督 谷本誠
照明 林 鈴美
音響 大西博樹
小道具 柴垣啓介(劇団ひまわり)
制作 秋津ねを(ねをぱぁく)
製作 塚本修 後藤小寿枝
故 大竹野正典さんの
2005年に書いたチラシの文章
「サヨナフ」
― ピストル連続射殺魔ノリオの青春 ― 
 三年前の夏、私はこの作品を書くに当たって、永山則夫に関する書物をむさぼり読んだ。
しかし、その世界に 耽溺する程、彼の存在が、生々しい肉となって立ち現れ、私は日夜彼の亡霊にうなされ、悩まされ続けた。
深入 りすればする程、永山則夫が嫌いになる。彼がもし隣人であったなら、出来うる限り彼を避け、傍に近寄る事な ど無かったであろう。
 彼と暮らしたあの夏(本当にそう思っている)を、今でも時々思い出す。背筋に怖気が走る。
一ヶ月練習した 書きかけの台本を破り、役者の迷惑も顧みず、私は七転八倒した。
本番一週間前にかろうじてあがった台本に、 私は不安と恐怖を憶えた。
 永山則夫よ、この芝居は少しでも君という人間を伝えられただろうか?過酷過ぎる人生を送った君の純真と矛盾を、少しでも表現できたのだろうか?
 私の背中に永山則夫がピストルを突き付けて立っている。
私はしかし、脂汗をかきながらも、これが私の芝居 なのだと開き直り、射殺までのテンカウントを数えている。         

*******************************************





by   藍田マリン
さて、くじら企画。

12月公演のお稽古見学に行ってきました。


演目は連続射殺事件で死刑となった永山則夫さんの事件を題材とした作品『サヨナフ』

2002年9月に初演、2005年3月に再演、今回は再々演。

今回の公演、私には今までにないドキドキがemoji

それは『主人公がオリジナルキャストでない』
これですemoji

大竹野さん亡き後、追悼公演を皮切りに
くじら企画作品、犬の事ム所時代の作品、数々の再演を打ってきました。
新しいキャストを迎えての公演は数あれど、
犬事ム作品をさておくと、くじら企画作品で主人公がオリジナルキャストでないのは初めて。
くじら企画時代に入ってからのご縁の私にとっては、
今回の公演は『冒険』の作品なのですemoji


初演、再演で主人公ノリオを演じていた風太郎さん、少年時代の川田陽子さんに代わり、
今回は秋月雁さん(左)、少年時代を森川万里さん(右)が。


どんな仕上がりになるか、すごくドキドキemojiします。



ダメだしに苦悩emojiする雁さん。
私はあんまり見たことない光景。



実は雁さんの希望で演目が『サヨナフ』に決定した部分が大きいのですが、
「なんで言うたんやろemoji???」
と本人が漏らしているらしいとのうわさもemoji

男優も女優もみんなが憧れる雁さんが、七転八倒しながら掴み取るノリオになりそうですemoji
乞うご期待emoji

万里さん演じる少年、ノリオへの期待度も写真を見れば、おのずと高まるのではemoji
乞うご期待emoji








みんなであーだこーだと知恵を絞って見栄えを追求中~








帰り道、初くじら出演となる大阪新撰組の下村直裕さんに聞いてみました。


「どうですか?初くじらemoji

先輩方とできるのが嬉しいと、まずはくじら初出演者感想あるある第一位なご回答(笑)
そして
その先輩方が、地道に地道に汗をかいて芝居を創っていく姿に感嘆していました。


そうなんです。


いつ何時も、一所懸命に芝居に真摯に向き合っているレジェンド俳優陣の姿に
私も毎回感動するのですemoji




天才女優、藤井美保さんの文才光るくじら企画稽古日記も始まってますよ~
“待ってましたemojiemojiemoji”の掛け声が聞こえてくる、知る人ぞ知るくじら稽古日記ですemoji
読んだことのない、貴方emoji
ぜひ訪問してみてくださいっemoji

番長会議/影番・バービー藤井の怖いもの知らずトーク!『番長日記』
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/banchou/miho_room.html



母親役で出演のおぐりん(小栗一紅さん)が
宣伝動画emoji作ってます。
まだまだ出てきそうですが、いまある2本、貼っておきますねemoji

『サヨナフ』予告編1 青春映画風



『サヨナフ』予告編2






by   藍田マリン
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[01/27 藤井美保]
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]