忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 12345678910 >  >>


3人シリーズ第一弾『黄昏ワルツ』は無事に終わりました。
何度観てもおもしろくってemoji
この作品、大好きemoji

これも三面記事にあったらしい、
工事現場emojiの休憩所からお弁当を盗んでいた常習犯の話から膨らませているので
一応は犯罪モノemojiになるのかemoji

ばかばかしい会話が飛び交いすぎて
笑いは口から声が出るんじゃなくて、
emojiからふっふっふっふンと
息が吹き漏れてばかりいましたemoji
ちなみに眉と目はハの字に下がってますemoji

そんな可笑しな3人が繰り広げる大竹野ワールドは
やっぱりただそれだけではなくて切なくて。

そしてラストは変なアラビアの音楽に乗せて
乾布摩擦のような踊りのような乾布摩擦のような踊りのような
「ええemojiこれで終わるのemoji
と、再び私を鼻ふンemojiで唸らすエンドですemoji

懇親会でも「もっとええとこで終われたやろ(笑)」の意見多々。
「ちょっとはずすところがemojiええねんemoji」みんな納得の最終分析論。

お芝居自体はそんな鼻ふン笑いのラストでしたがDVDにはエンドロールが付きます。
内容にちなんで、段ボールからキャスト&スタッフの切り抜き顔写真が
名前とともに順次ぬぬっと半分覗いては消え。
このエンドロールがノスタルジーな気分を誘ってまた良いんですemoji

“この芝居の思い出が走馬灯emojiのように巡るぅ~”

黄昏ワルツに係わるどころか
その頃はくじら企画のくの字も知らない私なのに
思い出が呼び覚まされるのです(魔法emoji

そういえば初演版『サラサーテの版』DVDのエンドロールも印象的だったなぁ。
私は西本さんの作るエンドロールファンemoji


終始明るい雰囲気だった会は、面白い感想もたくさん伺えました。
詳しくはこちらで。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=717202755057357&id=584617798315854&fs=0

劇団を主宰されてる方が、
いろんな角度から自身や劇団になぞらえたお話は楽しく、また興味深かったです。

ご来場者少なめだったので、これからの『三人虜』や『彼方のソナタ』を
ぜひたくさんの方々に観ていただき、
再びの『黄昏ワルツ』上演リクエストが殺到する、とか、よいなあemojiemojiemoji

夜会、次回は6月11日『三人虜』emoji
3人の風貌はドリフの囚人コントにしか見えません(笑)
今回は秋月雁さんが主役の巻きですemoji
どうぞお楽しみにemoji

emoji
そして皆様ご存知ですかemoji

emoji来る6月13日~15日emoji
ウイングフィールドでemoji
大竹野作品『山の声』をemoji
東京の劇団、カムヰヤッセンさんがemoji
上演されるそうですemoji

emoji
『山emoji編』『街emoji編』
2バージョンemoji

emoji
大阪公演を皮切りに
東京・福岡の3都市でemoji

すばらすぃ~emojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

皆様、ぜひともカムヰヤッセンさんのホームページで詳細情報をゲットして
どうぞ足をお運びくださいねemoji
http://kamuyyassen.daa.jp/next.html

くじらツイッターにリツイートされている、
カムヰヤッセン『山の声』にご出演の板倉チヒロさんや
演出、北川大輔さんの情熱ツイート拝見すると
なんかもぅ胸が詰まって、興奮泣きemoji
リツイートもたくさんの方にされていて。

届けemoji『山の声』emoji
応援していますemoji




今、くじら企画のFacebookには色んな情報盛りだくさんemoji
夜会『三人虜』のご案内詳細はもちろん、
カムヰヤッセンさんの『山の声』情報、
そして、くじら本会議からの新しいイベント企画のお知らせemoji
このお知らせはまだ走りで、徐々に全貌が明らかになっていく予定。
どうか皆様、更新期待していてくださいねemoji

くじら企画のFacebookemojihttps://www.facebook.com/kujirahonkaigi





by   藍田マリン
PR


先日の【夜会】『リボルバー』無事終了いたしました。
ありがとうございましたemojiemoji

1992年の映像ですから、随所に時間の流れを感じましたね~。
今回は当時の出演者や近しい方々が揃ったもんで
「あれはカツラつけてたの?」
なんて、変遷知りつくしているくせにぃ、な人からおちゃらけ質問emojiが出たり、
「どうも出演者には呪いがかかったらしく、行く末は○○になるか××になっている」
みたいなマコトシヤカなemoji分析が出たりemoji
(○○、××にはお好きな言葉をどうぞemoji

爆笑、苦笑入り混じりの楽しい懇親会でしたが、こずえさんは
「そんな会話や感想ばかりではFacebookの報告が難しい~emoji
と困ってました(笑)

おゥemojiさすがこずえさん、ばっちりいい感じにまとめてるemoji
くじら報告はこちらからどうぞ。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=709449195832713&id=584617798315854&refid=17

私、たまたま前日にDVDで「ゴッドファーザー」観てたので
南勝さんがアルパチーノにしか見えなかったですemoji
かっこいいイデタチで深いセリフをさらりとキメていてしびれましたねemoji


この『リボルバー』に出てくる登場人物、
“スナメリ”さん、“ゴンドウ”さん、“ナガス”さん
という3人の名前は、何を隠そう犬の事ム所を解散のち、
立ち上げたくじら企画emoji旗揚げ作品に引き継がれていくのです。

新しい船出emojiを飾った作品こそ、次回の【夜会】十四夜での上演作品『黄昏ワルツ』

男ばかりの3人芝居。

哀愁漂わせたら日本一emoji
屈指の俳優陣がええ芝居しとるんですわーemoji

続く第十五夜、十六夜上映作品『三人虜』『彼方のソナタ』
共に“スナメリ”さん、“ゴンドウ”さん“、“ナガス”さんで構成されている作品なんですョemoji

引き継がれるのは登場人物の名前だけで、ストーリーは全く別物らしいですけどね。
らしいですけどね、っていうのは、
劇集成に収録されているのは『黄昏ワルツ』だけだし、
他の2作品、私は観たことがないのですemoji

この3連作にはファンも多く、
「オレは『黄昏ワルツ』が一番好きemoji
「私は『三人虜』emoji
「いや~やっぱり『彼方のソナタ』やでぇemoji

ああ、私も早く制覇してこの話題に入りたいのぅemoji

皆様、5月21日、6月11日、6月25日は是非お時間確保して
3部作連続上映どどーんemojiとお楽しみくださいemoji
詳細はくじら企画Facebookで。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=709453492498950&id=584617798315854&refid=17


上質でコンパクトな作品探している方とか、いらっしゃらないかなぁ。
男優3人と段ボールさえあったら上演できますよーemoji
オススメですよー。



by   藍田マリン


ついこの間、
始まったーemojiemojiemojiと思った【一緒に読んでみよう~シーズン3~】
あっという間にシリーズ最終『リボルバー』まで無事終了。
多くの方々にご参加いただき、誠にありがとうございましたemojiemoji

今回も皆様と楽しい時間を過ごさせていただきましたemojiemoji
毎回、時に笑わせ、時に仕掛け、空気を作る名進行役の加奈さん、
『リボルバー』がコメディということもあってか、
いつもにもましてのサポートっぷり。

「はいはい、甲羅emoji背負ってー」


「はいはい、甲羅背負って背負ってーemoji


「亀の子太郎と次郎めぇ、どこに隠れやがったemoji


「こうなったら奥の手だemojiカメハメハーemojiemojiemoji


「やられたーッemoji


「あ、間違えたemojiボクちゃん、うつ伏せって書いとるがなemoji







「はいはい、ツッコミ係の人は手を挙げてー。下手に集合ぅ~」


「ええか、ダンスっちゅうんはな、こう踊るんやemoji


「ズンズンチャチャ、ズンズチャemoji


emojiズンズチャチャ、ズンズ…」


「このヘタクソめがッemojiバシッemoji


「バシバシッemoji


「バシバシバシシッemojiemoji


「長いわッemoji






姐さん登場。
「姓は後藤、名は小寿枝。不躾ではございますがお命頂戴致します」


「ばばばばばばばーんemoji(ニヤリ)」




とまぁ、こんな具合に“読んでみよう”、楽しく終えました。
加奈さん、シーズン3進行役、お疲れ様でしたーemoji



実は今回は初めて時間が足らず、数ページを残してしまう事態。
ご参加下さった方々が目にできなかった物語の最後とはemoji
そしてブログ読んでくださっている方、ごめんなさい。
上記ご紹介のストーリーはでたらめ三昧でありますemoji
でたらめストーリーでなく本当の『リボルバー』とはemoji

この、皆々様にたまったであろうフラストレーションを解消する方法、
ただいまくじら企画では2パターン、ご用意しておりますemoji

ひとつめ、『リボルバー』収録の劇集成Ⅱ(定価¥2800+税)絶賛発売中。
繰り返し、隅々まで漏らすところなく堪能していただける上に
大竹野作品他作品群も読めるというお得この上ないパターンです。

ふたつめ、5月7日パシフィックシアターでの上映会、
【夜会】にお越しいただき
『リボルバー』を堪能していただく。

本のご購入、夜会へのご参加ご希望の方は
くじら企画facebookまでご連絡ください。
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi

皆様のお申込み、心よりお待ちいたしておりますemoji



by   藍田マリン



5月以降の夜会emoji、ラインナップが発表されましたemoji
新しいフライヤーには8月13日分まで載っています。
上の画像をずずずい~っとチェックして、観たい作品の上映日は
今からスケジュール帳emojiに書き留め、空けておいてくださいねemoji

まだまだ秘蔵映像emojiどっさりみたいです。
ガンガン上映していく模様emoji
皆さんもご希望の作品ありましたら、くじら企画までどんどんリクエストしてくださいemoji
上映会で以前取り上げられたけど、そのときは見逃したーemoji再度上映希望emoji
っていうのもアリでっすemoji

次回の第十三夜は『リボルバーemoji
4月27日の“一緒に読んでみよう”のテキストも『リボルバーemoji
『読んでみよう』で自身が楽しみ、【夜会】で映像を楽しむ。
emoji『リボルバー三昧コース』emojiがいいんじゃないですかねemoji

皆様、4月27日、5月7日、参加ご希望お申し込み、お待ちしておりますemojiemoji
諸々の詳細&お申込みはくじらFacebookにてどうぞ。
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi





さて、これからも今まで表に出ていない秘蔵映像目白押しとなる【夜会emoji
その先陣、1990年に記録映像として撮られた『Kのトランク』の上映、
先日、無事に無事に終わりましたemojiemoji

修復作業を経てのDVD化と聞いていたので、果たして上映会に耐えうるのか…
と内心とても心配していましたがemoji

映像はよいとは言えないものの、音声がいたってクリアで、十分上映会で楽しめるラインemoji
うん、これでこれから発表していく未公開作品群も自信持ってお勧めできますemoji

今回は当作品キャスト、
おなじみの海老さん含め、昇竜之助さん、条あけみさん、笠嶋千恵美さん、
そうそうたる方々がご参加くださいましたemoji

そんな豪華懇親会の様子はこちらで。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=697250290385937&id=584617798315854&refid=17


『Kのトランク』は連続幼女殺人事件がモチーフですが
スポットを当てているのは犯人でなく、その家族。

冒頭からかなーりシュールコメディのような展開で
題材の深刻さからかけ離れたその様子に、最初私は戸惑いました。
そうかと思えば、ぐぐぐっと迫真極まるシーンに飛んだり(昇竜之助さんが熱演emoji)。
目まぐるしくエネルギッシュな作品でした。

作品観ながら、かつて、
思春期を迎えてどんどん暴れん坊女子emojiに変貌していった幼馴染のお母さんが、
どうすればよいのか、と涙に明け暮れていた姿を思い出したり。
(暴れん坊女子は今では素敵な良妻賢母emoji

芝居は個人的な思い出を呼び覚ましますね。
それと同時に、今ここに存在する社会の構図が迫ってきます。
台本を忠実に実現した、大掛かりな仕掛けで終わる『Kのトランク』

踏みしめる地盤は、突如として裏切るだろう。
奇しくも、地面が持ち上がり、巨大なトランクの蓋と化す。
バタンと閉じて、その家族の影も形も見当たらない。
               ~『Kのトランク』ラストのト書きより~


ああ、このままでは日本もバタンと閉じられてしまいそう。

「気が付いてないふりしたらあかん」

自分の最終的な感想の着地点はここに来たか~とクスッと真面目に笑いました。




by   藍田マリン


遅くなりましたが3月19日、夜会『生きてゐる小平次』上映会無事終わりましたemoji
ありがとうございましたemoji
大正時代の劇作家、鈴木泉三郎さんの作品を
大竹野さんが演出するという、イレギュラーな一作。
みんなで楽しんだ後の懇親会の模様はこちらでemoji


題材が題材なもんで懇親会では
「怨霊emoji」やら「幽霊emoji」という単語が飛び交い、
しまいには「四谷怪談」や「おきくさん」や「おつやさん」の話まで。
怖い話は悶絶NGな私emojiは心の中で白目剥いていた次第ですemojiemoji


そんな私だから
『生きてゐる小平次』自体もごめんこうむりたい作品かも思いきやemoji
ホラージャンルは数々あれど、私が世界中で最も恐れる日本の幽霊モノでありながら
白塗りメイク、無国籍衣装、チョイスされた音楽、
そして鈴美さんの美しい照明による大竹野演出では
怖いというより、異国の香りが漂って神秘的emojiに映りました。

そして近松心中モノのような、惚れたはれたのセリフ群には女心emojiが萌えました~emojiemoji

嗚呼、私も!虫も殺さぬふうでいて、二人の男の間でブイブイ言いたいっemoji

と、まさかの出演に憧れたのでありましたemoji
今回は女性emojiのお客様が少なく、
その上懇親会出席は出演のこずえさん以外は私だけだったので
女性ならではのご意見が伺えず、個人的には残念でしたemoji
いつもよく来て下さる、さやかサンの感想とか、めっちゃ聞いてみたかったー。ああ残念。

ご興味ある方はぜひDVDでお楽しみください。


ちなみにアップのシーンが少なかったので遠目の印象ですが、
白塗り姿の三人の見た目は
雁さん→忌野清志郎さん
風太郎さん→デーモン閣下
こずえさん→劇団四季のキャッツ
みたいでした(笑)

ここらへんもお楽しみポイントですemoji



次回【夜会】は4月9日、『Kのトランク』
連続幼女殺人事件を題材にした作品です。
この映像は出演者の方々さえも1度観たか、観ていないかなくらいらしいです。
だからもちろん私も未見。

この作品が収録されている劇集成Ⅱを開くと登場人物には
父、オジーチャン、ケーイチ?、ナオコ、母、トモコに続いて
アンパンマンの奥さんやら
食パンマンの奥さんやら
天丼マンの奥さんという記載もあります。
emojiemojiemoji

そしてくじらフェイスブックの『Kのトランク』ご案内ページには
奇っ怪な人たちの写真が掲載されています。
emojiemojiemoji

はてさてどんな物語が繰り広げられているのでしょうかemoji
古い記録映像、今回の上映のために何とかDVD化を試み、かなったようです。
レアな上映emojiお見逃しなくemoji
詳細&お申し込みはくじら企画Fecebookからどうぞ。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=687769171334049&id=584617798315854&refid=17



by   藍田マリン
“一緒に読んでみよう”
今回は劇団ガンダムに書き下ろした作品『極めてガンダム 玉造編』でした。
大勢の方にご参加いただき、楽しい時間を共有できたこと感謝いたしますemoji
ありがとうございましたemoji


今回の作品は短編でしたので
くりかえし読んだり、いろんなコーナーが発生したり?、がっつりやりまたよ~。
幅広い年代にお集まりいただきましたので、台本を読むにあたり、
知らない方々のために、まずは“ボクたちガンダム通”が基礎知識をご案内くださいました。

そうして始まった3人芝居な『極めてガンダム 玉造編』、 
時に今回の“読んでみよう”にかけつけてくださった豪華オリジナルメンバー


との共演を交えながら
個性に富んだアムロ、シャー、セイラが続々誕生♪










 



2巡しても時間に余裕があったので

オリジナルだよ、全員集合!コーナーemoji


あの役で、あの人と、あのシーンを演じてみたい!コーナーemoji


ホニャララさん(忘れましたemoji)のモノマネでト書きをお送りしますのだ!コーナーemoji


あんたとあんたとあんたにやってもらいたいねん!コーナーemojiemojiemoji


と、皆さんの夢と希望を叶え三昧emojiemojiemoji
私もDVDでしか観たことなかったので
オリジナルキャストで幻の再演emojiを観れたのは感激でした。
ベッタベタのくじらトライアングルでのガンダムは
即興とは思えない息のあった芝居で爆笑とってました。




ちなみに今回の唯一の小道具といえるかわゆいピンクボールは
頭の上でコロコロしたりしてますが
ハロ爆弾というおそろしい危険物emojiemojiです。

最後はみんなで輪になって、セリフを回し読みして終わりました。



短編作品でしたがこうして2時間たっぷり堪能ですemoji

いやぁ~しかし、改めてこれは本当によくできた作品だー。
セイラがスーパー玉出の袋さげてたり、三人でソーメンすすったり、
生活感あふれすぎガンダムは、笑って笑って笑えるのに、
それだけにはとどまらない、人間の業がしっかり描かれた、紛れもない骨太大竹野作品。
ぜひ多くの方に読んでいただきたいなぁemoji
劇集成Ⅲに収録されています!!お値段2300円。


DVDは劇団ガンダムさんでお取扱いされています。
 
今回来て下さった、人見さん、小室さん、風太郎さんのバージョン含めた、
4パターンのオリジナルキャスト上演が収録されていてお得感いっぱいですYOemoji


さあ、次回は早くもシーズン3の最終回。
4月27日『一緒に読んでみよう』は、
昨年末はちのす座さんでも上演された『リボルバー』
奮ってご参加ください。
お申し込みはこちらまで。
くじら企画Fecebook
【場 所】
心斎橋 ウイングフィールド/TEL:06-6211-8427
【会 費】大人1,000円 学生500円 
【時 間】19時~21時
【定 員】20名以内。
●21時から交流会を行います 
*自由参加
*飲み物持ち込み可
【申込方法・お問合せ】
Facebookのコメントかメッセージをいただくか、
メール: kujira@dsk.zaq.ne.jp(くじら企画)へ
予約方法:件名を「一緒に読んでみよう予約」とし、
メール本文に以下情報をご記入ください。
○お名前、フリガナ ○ご希望の日 ○電話番号
○劇集成(あり/なし)
くじら企画からのメール返信をもちまして、ご予約成立となります。



by   藍田マリン


遅ればせながら【夜会】第十夜『夜が掴む』1992年再演版、
2月5日に無事上映終わりましたemoji

予想を上回る賑わい、ありがとうございましたemojiemoji

違うキャストで作品を観るって楽しいemoji
懇親会の様子をこちらでどうぞ。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=665889193522047&id=584617798315854&refid=17

いろんな意見や感想が出て興味深かったです。
私も初めて観たのですが、
トイレの彼(←略しすぎemoji)の発した“懇願”という言葉に、
それ、わかる気がする!と心で相槌うちました。

団地妻の家中や井戸端会議シーンは照明が明るく
facebook報告にあるように、映像が白飛びしていて顔が軒並みノッペラボウでしたemoji
主人公が中心のシーンは概ね大丈夫なんです。
もう見た目は、ノッペラ星人emojiemoji人間emojiです。

団地妻シーンはコメディチックな会話で構成されていて、笑える場面なんですが
今回はノッペラ星人emojiであったためか、
敵を一人つくることによって結束を固めるだとか、
同調圧力をかけるだとか、
集団のいやな行動emojiが、よりグングンこちらに迫ってくる感じがしました。

かたや九谷さん演じる主人公は、とても神経質そうな雰囲気をたたえていて、
周りの人が敬遠したくなる人間だと十分理解できるけれども、
その神経質さには本人自身もとても苦しんでいるのです。

私的にはノッペラ星人emojiに追い込まれた人間emojiにも見えて、
主人公の狂気といってしまうには
少し酷に映りました。

それにしても皆さん、なんでああもサクッと、心に沸いた感想を言語化できるのでしょうかemoji
おうらやましーいemojiemoji



さて来る3月19日の【夜会】は『生きてゐる小平次』
これもまた私の観たことのない作品。大変楽しみですemojiemojiemoji

原作は大正時代に活躍された劇作家、鈴木泉三郎さんとのこと。

キャストはくじら屈指の名優3人emoji雁さんと風太郎さん、そしてこずえさん。
こずえさんを取り合うらしいですヨemojiemojiemoji

ちょっと調べてみるとこの原作で、過去2回、映画化emojiされている模様。
ちなみに1957年の東宝映画版ヒロインは八千草薫さんemoji
1982年の日本アート・シアター・ギルド作品では宮下順子さんemoji
このお二人、イメージが全然違いますね。
こずえさんもまたお二人とはまた全然違うタイプです。
どんなヒロインを演じているのか興味津々~emoji

殺されるだんなさんと殺す横恋慕役者、
雁さん、風太郎さん、どっちがどっちを演じるんだろう~emoji

ギリシャ悲劇を思わせるような衣装、白塗りのメイク、
大竹野さんはこの時代劇を、現代のモダンホラーemojiとして演出しているそうです。

くじらfacebookでは、ご案内と共に小平次豆知識、掲載されてます。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=665895943521372&id=584617798315854&refid=17

皆様のご来場、お待ちしていますemoji



by   藍田マリン
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
[11/25 まろん]
[02/22 まじん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]