忍者ブログ

宮城野の日々
<<  < 1234567891011 >  >>


遅ればせながら【夜会】第十夜『夜が掴む』1992年再演版、
2月5日に無事上映終わりましたemoji

予想を上回る賑わい、ありがとうございましたemojiemoji

違うキャストで作品を観るって楽しいemoji
懇親会の様子をこちらでどうぞ。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=665889193522047&id=584617798315854&refid=17

いろんな意見や感想が出て興味深かったです。
私も初めて観たのですが、
トイレの彼(←略しすぎemoji)の発した“懇願”という言葉に、
それ、わかる気がする!と心で相槌うちました。

団地妻の家中や井戸端会議シーンは照明が明るく
facebook報告にあるように、映像が白飛びしていて顔が軒並みノッペラボウでしたemoji
主人公が中心のシーンは概ね大丈夫なんです。
もう見た目は、ノッペラ星人emojiemoji人間emojiです。

団地妻シーンはコメディチックな会話で構成されていて、笑える場面なんですが
今回はノッペラ星人emojiであったためか、
敵を一人つくることによって結束を固めるだとか、
同調圧力をかけるだとか、
集団のいやな行動emojiが、よりグングンこちらに迫ってくる感じがしました。

かたや九谷さん演じる主人公は、とても神経質そうな雰囲気をたたえていて、
周りの人が敬遠したくなる人間だと十分理解できるけれども、
その神経質さには本人自身もとても苦しんでいるのです。

私的にはノッペラ星人emojiに追い込まれた人間emojiにも見えて、
主人公の狂気といってしまうには
少し酷に映りました。

それにしても皆さん、なんでああもサクッと、心に沸いた感想を言語化できるのでしょうかemoji
おうらやましーいemojiemoji



さて来る3月19日の【夜会】は『生きてゐる小平次』
これもまた私の観たことのない作品。大変楽しみですemojiemojiemoji

原作は大正時代に活躍された劇作家、鈴木泉三郎さんとのこと。

キャストはくじら屈指の名優3人emoji雁さんと風太郎さん、そしてこずえさん。
こずえさんを取り合うらしいですヨemojiemojiemoji

ちょっと調べてみるとこの原作で、過去2回、映画化emojiされている模様。
ちなみに1957年の東宝映画版ヒロインは八千草薫さんemoji
1982年の日本アート・シアター・ギルド作品では宮下順子さんemoji
このお二人、イメージが全然違いますね。
こずえさんもまたお二人とはまた全然違うタイプです。
どんなヒロインを演じているのか興味津々~emoji

殺されるだんなさんと殺す横恋慕役者、
雁さん、風太郎さん、どっちがどっちを演じるんだろう~emoji

ギリシャ悲劇を思わせるような衣装、白塗りのメイク、
大竹野さんはこの時代劇を、現代のモダンホラーemojiとして演出しているそうです。

くじらfacebookでは、ご案内と共に小平次豆知識、掲載されてます。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=665895943521372&id=584617798315854&refid=17

皆様のご来場、お待ちしていますemoji



by   藍田マリン
PR


「一緒に読んでみよう」シーズン3の幕開け

『夜、ナク、鳥』無事終了いたしましたemojiemoji
今シーズンも楽しい思い出がたくさん出来そうな予感emoji
3月・4月の「読んでみよう」、皆様のご参加お待ちしていますemojiemojiemoji

くじら企画facebookにて早々に先日の様子のご報告、アップされていますよ~。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=672491946195105&id=584617798315854&refid=17


毎回、こちらでも報告してきたので
今シーズンも独自報告をemojiemojiemoji


参加者の皆さんはリピーターの方、はじめましての方が入り混じり、
年齢も10代からくじら世代まで幅広く。

皆さんの集中力表現力でつい見入ってしまう、充実した「読んでみよう」になりましたemoji

緊張感あふれる『夜、ナク、鳥』の台本そのものも、
大きな後押しとなったのではないでしょうかemoji

先日フジテレビで同じ題材を扱ったドラマ『黒い看護婦』が放送されたことですし、
そちらをご覧になった方で『夜、ナク、鳥』はどんな感じかな~って
ご興味持っていただいた方もいるかもしれないので

くじら企画facebook【夜会】ご案内風に、シーンをちょこっと紹介してみたいと思いますemoji

実際の事件は福岡で起こった保険金連続殺人ですが
大竹野版ではコッテコテの関西弁で繰り広げられます。
迫力の大阪弁でいやがおうにも緊張感アップemoji

例えばこうです。


ツツミ  ―――もしもしヨシダ あかんわ カリウムポンプしてもバイタル変化あらへん 脈も正常や 
ヨシダ  タフやなァ エイジの心臓は
ツツミ  どないする?
ヨシダ  しゃあ無い エアー入れたろか
ツツミ  エアー? そんなことして もしばれたらどうするんよ
ヨシダ  死因はあくまでも急性心不全や 死亡解剖にはならんやろ ちょっとぐらいのエアーやったら
      大丈夫や 牛乳壜一本ぐらい入れたり

ツツミ  判った ――― イケガミ エアーや
イケガミ (エイジの顔を両手で触っていた) エイジ 顔真っ赤や もの凄う熱いわ ―――
ツツミ  聞いてんのか イケガミ エアー ポンプするんや
イケガミ エアー? エイジに空気入れんの?
ツツミ  嫌なんやったら ウチがやったげる
イケガミ エイジはウチの男や ウチがやる


   イケガミ、注射器に空気を吸い上げた。
   足の甲に注射器をつき立てようとしたその時、
   エイジがかすかにつぶやいた。


エイジ  ――― 怖いなァ ――
イケガミ 大丈夫や 何も怖い事あらへん これ打ったら楽になるからな



これは看護婦たちが、眠らせたイケガミの亭主を殺害するシーンemojiですが、
わたしは読むだけで緊張しますemoji

こんな具合の緊張感漂う台本と皆さんの感性が呼応しあって
ほら








写真emojiにもしっかり皆さんが繰り広げる物語の空気、写ってませんかねemojiemoji


再演時のキャストが奮闘したのもよかったのかな。
 

なんと前日まで桃園会の公演『うちやまつり』に出演されてたにもかかわらず、駆けつけてくれたツツミ役、大山ねこさん。


今期は進行役ですが、ド迫力のヨシダ、役者加奈さんの
「働いて嫁さんに家建てたらんかいダイヤの指輪買うたらんかい毛皮のコート買うたらんかい家族連れて海外旅行行ったらんかい この甲斐性無しらがっ」
は、やっぱり披露してもらわないとねっemoji


音響担当しながら、最後にナースキャップを燃やすシーンで登場、イケガミ役、こずえさん。


私が少し遅れたからイシイ役をやってるおぐりんを逃したんかな~emoji演じてる写真なくてごめんemojiemoji


殺されてしまうエイジ役の栗山さん。痙攣もきっちり演じる芸の細かさ。


こちらも殺される運命にある、カレー好きのゴウ。九谷さんのかわいげemojiが反映されてemojiどこか憎めないキャラクターに。


ツツミが担当する、末期癌患者、ミチロウ役の雁さん。

この役はテレビドラマではいなかったけれど大竹野さん独自の人物設定なんかなぁemoji
「小鳥いうよりも小さな影や そいつがヒョロヒョロ鳴きながら白木蓮の花びらを食べよるんや」
タイトルの『夜、ナク、鳥』はミチロウさんのシーンからの流れ。
 

ヨシダの相棒、というか手下もどき、ヒデキ役の海老さん。鹿の倒れ方、シュインバッタンを本番さながらに熱演中。

顔、写ってないemoji ¨独断場シーンもう一枚載せとこemoji

このヒデキも大竹野作品独自の登場人物なのかなぁ~emoji
私は『夜、ナク、鳥』の参考文献、
森功さん著のノンフィクション『黒い看護婦――福岡四人組保険金殺人』を読んでいないので、
是非読んで大竹野さんがこの実話をどんなふうにアレンジしたか知りたいところです。



キャスト奮闘の甲斐あって、参加者の方から
「実際に演じた役者さんと一緒に読めたのが楽しかった」というお声いただきましたemoji
また「DVD、買います」と言ってくださった方もemoji
戯曲は発売中の大竹野正典劇集成Ⅰに収録、
DVDご希望の方はくじら企画にご連絡くださいemoji
kujira@dsk.zaq.ne.jp(くじら企画)


次回「読んでみよう」は3月23日(月)『極めてガンダム 玉造編』
2005年劇団ガンダムからの依頼で書かれた作品。
ガンダムを知らない作者に書いてもらおうというコンセプトにより
大まかな粗筋と、最低限の人間関係の資料を与えられて書いた作品です。
ジオンとの戦争終了後、なぜか故郷の玉造に帰ってきたアムロの物語。(笑)
一見喜劇の中にも、貫かれた骨太さが光りますemoji
大竹野作品、やっぱりええわ~emojiってきっと皆さんに思っていただけると思いますemoji
お申し込みはくじら企画facebookからどうぞ。
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi
ご参加お待ちしていますemojiemoji





by   藍田マリン


皆さん、先日放送のドラマ「黒い看護婦」はご覧になりましたかemoji
『夜、ナク、鳥』をご存知の方は、
私みたいに楽しみ方の幅が広かったんではないでしょうかemoji

加奈さんの役を大竹しのぶさんが演じることはわかってましたが、
他の配役がどうなっているか興味津々、
冒頭、カレー食べている寺島進さんを見て

おおemoji九谷さん~emoji
ってことは、おぐりんは木村多江さんや~emoji
ぬぉおおお、何ですとっemoji
九谷さんはおぐりんと結婚する前に加奈さんと付き合ってたんや~emoji
ほよぉおおおおおおemoji

ってな思考回路でずっと観てました(違emoji

くじら企画“読んでみよう シーズン3”がスタートします。
第一弾は大竹野正典劇集成〈Ⅰ〉に収録の『夜、ナク、鳥』
目前に同じ福岡四人組保険金連続殺人事件を扱ったドラマが豪華キャストで放送されるって
本当にタイムリーでしたemoji

『夜、ナク、鳥』
脚本は第11回OMS戯曲賞佳作賞を受賞、
過去2回の上演公演は、どちらも好評を博した大竹野さんの傑作作品です。
(初演時の講演記録 http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/hist/9_tori/tori_hist.html
ご存じの方もご存じでない方も、ぜひ“読んでみよう”で
共に楽しんでみませんかemoji

詳細はくじら企画facebookで。
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi
こちらにも転載しておきますね。

*******************************************

「一緒に読んでみよう」 シーズン3!はじまります。
大竹野正典さんの戯曲集「劇集成」をともに楽しむ
「一緒に読んでみよう」が今月から始まります。

俳優志望の人、
色んな戯曲を読んでみたいなって思っている人、
お芝居の世界を少し覗いてみたいなって人、
恥ずかしがり屋さんで、何か突破口を探している人、
大竹野さんのファンだって人、
劇集成を買ったけど、まだ読んでないって人、

そんな方、参加しませんか?

一緒に読んでみようでは
・1つの作品を参加者の皆さまで交代しながら声に出して読み進めます。
・実際にその役を演じた俳優と台詞が読めるかもしれません。

・劇集成をお持ちの方は当日お持ちください。
・劇集成をお持ちでない方は、予約時にその旨お書きください。

【日 時】
①2月23日(月)「夜、ナク、鳥」
4人の看護婦による殺人事件。
リーダー格の看護婦にそそのかされるまま、
彼女たちは自分の夫を殺害し、保険金を受けとった。
2003年の初演時は公判中であった事件を軸に展開される。

②3月23日(月)「極めてガンダム 玉造編」
2005年劇団ガンダムからの依頼で書かれた作品。
ガンダムを知らない作者に書いてもらおうというコンセプトにより大まかな粗筋と、最低限の人間関係の資料を与えられた大竹野が書いたこの喜劇は意外にうけました。
ジオンとの戦争終了後、なぜか故郷の玉造に帰ってきたアムロの物語。

③4月27日(月)「リボルバー」
粗大ゴミ置場に捨てられてあったタンスには、リボルバーが隠されてあった。拳銃は三人のサラリーマンの手に・・・。
カタルシスを求める少年、生活に不満を感じつつも安住する主婦、敵討ちを誓うヤクザ。穏やかであるはずの団地の昼下がりに事件が?

【場 所】
心斎橋 ウイングフィールド/TEL:06-6211-8427

【会 費】大人1,000円 学生500円 
【時 間】19時~21時
【定 員】20名以内。

●21時から交流会を行います 
*自由参加
*飲み物持ち込み可

【申込方法・お問合せ】
Facebookのコメントかメッセージをいただくか、
メール: kujira@dsk.zaq.ne.jp(くじら企画)へ

予約方法:件名を「一緒に読んでみよう予約」とし、
メール本文に以下情報をご記入ください。
○お名前、フリガナ ○ご希望の日 ○電話番号
○劇集成(あり/なし)
くじら企画からのメール返信をもちまして、ご予約成立となります。

*******************************************



by   藍田マリン








第九夜『トーフの心臓』
少人数ではありましたが、和やかに楽しく無事終わりました。
ありがとうございましたemojiemoji

くじら企画facebookの報告はこちらから。
 
『トーフの心臓』はDVDにはなっておらず、
映像の公開も今後あるかどうかもわかりませんが
そこで出番は劇集成。
〈Ⅱ〉にシカと収録されていますので、
ご興味ある方、見逃した方は、よかったら手にとってみてください。
大竹野さん曰く「“あ・うん”で松竹新喜劇をやる」というコンセプトemojiが生きてます、
活字だけでコメディの楽しさ満喫できる作品となっておりますemoji
 
 
とはいえ、セリフの面白さ以外に、やはり映像でしか知りえないヘンチクリンさもありまして。
そのひとつに、ちょこっと救急隊員emojiが出てくるシーンがあるのですが、
この救急隊員、大竹野さん&塚本さんコンビがとってもヘンテコないでたち。
わかりやすいように、マリン画伯が書いてみましょうemoji

 
 
右、塚本さん。
風貌が違う部分がありますが、まぎれもなくウン十年若き頃の塚本さんでございますemoji
塚本さんの頭の上にはなぜかジョウロが乗ってますemoji
傾けばお水がジョ~と出る仕様です。
左、大竹野さん。
ちょっぴり藤山寛美さん風味?ここにも松竹新喜劇要素を取り入れていたのでしょうか?
大竹野さんの頭の上にはなぜか香取線香が乗ってますemoji
ひゅろろ~んと細くゆるく煙たなびく仕様です。
 
あんまりヘンテコすぎたので
私、懇親会で塚本さんに質問しました。
あれは一体なんなのですか、と。
 
そして質問の甲斐があったとしかいいようのない、重厚な答え、いただきましたemoji
 
 
「アングラといえば“火emoji”と“水emoji”がかかせないのである」
 
 
お二人の誠に高潔なアングラ魂emojiが生み出したいでたちでありました。
 
そんなこだわりemojiが随所に散りばめられている(のかemoji)大竹野演出の『トーフの心臓』
またいつか上映の機会があった時にぜひ確かめてくださいねemoji
 
コメディがお好きな劇団さん、上演いかがでしょうかemoji
いつでもくじら企画までご連絡くださいemojiemojiemoji
 
 
 
 
 
さて、第十夜は『夜が掴むemoji
1992年上演、犬の事ム所時代の再演版。
大竹野さんのヘンテコ役者ぶりがこれまた堪能emojiできる一本でもあります。
私は再々演版に出演させてもらっているし、再演版を観ていないので
個人的にもとっても楽しみemoji
私の知らない九谷さんが観れそうな予感~emojiemojiemoji

2月5日の【夜会】『夜が掴む』の詳細はくじら企画facebookで。
             emoji
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi

2月23日から始まる【一緒に読んでみよう】シーズン3情報も、近々アップされるのではemoji
どうぞくじら企画facebookに注目していてくださいねemoji





by   藍田マリン


新しい年ですねemoji
昨年は楽しい時間をたくさんありがとうございましたemojiemoji
1月から4月までのラインナップが出揃いました。
今年も【夜会】はモリモリ進みますemojiemojiemoji
そして2月からは【一緒に読んでみようシーズン3】もスタートですemoji
どちらの企画も相変わらぬ御贔屓、どうぞよろしくお願い致しますemojiemoji




さてまずは去年、クリスマスemojiの夜に行われた
【夜会emoji】『山の声』グリーンフェスティバルバージョン上映会。

予想以上にお集まりいただき、大盛況でございましたemoji
感謝ですemojiありがとうございましたemoji

懇親会の様子はこちらでどうぞ。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=645384688905831&id=584617798315854&refid=17


私も初見のグリーンフェスティバルバージョン。

映像にしかと映っておりましたemojiemoji
初演版、追悼公演版『山の声』バージョンでは観られない圧倒的な雪景色emoji
すごかったなぁ~emojiemojiemoji
それでも実は、照明が当たっているところのみ捉えることができていて、
実際の舞台をご覧になった方々はDVDよりももっともっとすごい雪emojiを目撃したんですよ~。

すでに『山の声』は初演版と追悼公演版がDVD販売されていることもあり、
このバージョンは販売されていないのが個人的にはとても残念であります。
いつか発売されたらいいのにな~。


グリーンフェスティバルバージョンの上映だったから
こうして“雪emoji”“雪emoji”と書いておりますが、
見所はなんといっても芝居です、役者ですemoji
大竹野さんは

“この役者ありき”

で紡ぎ出すことが往々にしてある作家。

名場面emoji名台詞emoji名演出emoji
大竹野さんの愛した役者が引き出したといっても過言ではないemojiemoji
、、、なんて私がうそぶいても

きっと大竹野さんはニコニコうなづくだろうと思いますemoji

私はね、大竹野作品とともに、大竹野さんの愛した役者たちの芝居も
多くの方に観ていただきたい、そう密かに強く願っています。

くじら企画の『山の声』では佳境、昭和の名歌謡曲がかかるのですが、
海老さん以外ではマッチしづらいという風味があるとかないとか、
そんな話題が出たことがあります。
私はくじら企画以外の『山の声』を拝見したことがないにもかかわらず、
大いに納得の説で、いつもそのシーン自体に涙するとともに

大竹野さんの海老さんへの深い信頼と愛情を受け取って、そこにもやられてしまうのです。
当の海老さんは、挿入されるのが『街の灯り』と知った時は
(え゛え゛え゛~emoji)と、それいきますか!な驚きがあったみたいですけど、
選曲に定評のある大竹野さんのセンスを目の当たりにできるシーンとなっていますemoji

そんな海老さん&村尾さん出演『山の声』
初演版・追悼公演版DVDご希望の方はくじら企画までemojiお願いします。

kujira@dsk.zaq.ne.jp(くじら企画)
と、〆る商売熱心なワタクシですみませんemojiemoji





話題変わって15日に控えしはemoji
第九夜にして今年初の【夜会】、『トーフの心臓emoji
過去1度だけ追悼公演でビデオ上映されたことのある作品です、コメディです。
くじら企画facebookで紹介されているセリフ、とても面白いです。
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi
『トーフの心臓』は私の知らない犬の事ム所の頃の作品ですから、
実は情宣したくとも、おぼつかなかったりemoji


この作品だけでなく、これからの【夜会emoji】は
本当にレアなものがどんどん出てきて、私にとっても観てのお楽しみだらけ。
皆さんにも“観てのお楽しみ~”としか言えないラインナップずらり。
どうぞ一緒に期待膨らませてくださいねemoji   



by   藍田マリン


『流浪の手記』無事終了いたしましたemojiemoji
いやぁ~この作品は観る度により好きになるなぁ~emoji
また【夜会emoji】も回を追う毎に
“大画面でみんなで鑑賞し作品について語り合う楽しさ”の実感度がひしひしとemoji
今回の懇親会も参加していただいた方々の珠玉の感性をご披露いただき、
大変面白い意見や感想、表現いただきました。
この作品をリアルで観た頃、もちろん私は大人であったんですけど、
無知無知な大人で、風流夢譚事件が起きた原因や経緯が今ひとつピンとこなくて。
以前はそうやってあまり耳にした覚えがない単語が、
なんだか最近びゅんびゅん飛び交う世の中になったからなのか、
または私の、知ろう、見よう、と意識する世界が変わったからなのかはわかりませんが、
初めてこの作品を観た時より、
ずっとストーリーが懐深く入ってくる感じです(やっとかいemoji

この物語に出てくる、風太郎さん演じる青年の厭世観や閉塞感は
無知無知時代と変わらず、何度観ても自分に張り付いてきます。
時代は全く変わったけれど、今の若い人達も、
あんな重黒い鉛玉のような苦しみを
鳩尾あたりに抱えている人が多くいるのかもしれないなぁ。
少なくとも私にはあまり明るいとは感じられない、現代の世相にそう思ってしまう。
昭和な時代を生きてきた人にも、
平成の時代を生きている若い人にも是非観ていただきたい『流浪の手記』。
劇集成には収録されていませんが、DVDはありますemoji
ご希望の方はkujira@dsk.zaq.ne.jp(くじら企画)までemoji
私にとっては、映像で残っていることに感激極まる一品ですemoji




さて次回12月25日、
emoji25日ってクリスマスじゃんemojiemojiな日程に
【夜会】第八夜『山の声』
DVD未発表のグ リーンフェスティバルバージョンemojiです。

山の声、ウイングフィールドでの初演時、
たしか大竹野さんは、
役者が腰まで埋まるくらいのemojiemojiを降らせたいと希望したと聞いたような。
それくらい猛烈な雪景色にしたかった大竹野さんの思いに一番近づいているのは
まぎれもなく、このグリーンフェスティバルバージョンですemoji

神戸学院大学の500人収容大ホール、四方の舞台袖で、
くじら関係者やらお手伝いに来て下さった方々総がかりで雪降らせ隊emojiemojiemoji
九谷隊員の「目を三角にしながら雪を降らせてくださいっemoji」の命に従い、
もちろん私も奮闘しましたemoji
高さがあるから、本当に天上から雪が舞って圧巻です。

レアな上映、お見逃しなくemoji
詳細はこちらで。
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi


東京ではオフィスコットーネさんによる『山の声』が
『海のホタル』と共に始まりますねemoji

関西でも大竹野作品。
神戸大学演劇研究会はちの巣座さんによる『リボルバー』が20日からemoji

盛況お祈りしていますemojiemojiemoji





グリーンフェスティバルの写真は私が撮ったので、
雪満載写真を手持ちのデータから載せておこう~。













by   藍田マリン


【夜会】第六夜『ブカブカジョーシブカジョーシ』無事に終了した模様ですemojiemoji
残念ながら今回私は参加できず。emoji

後に塚本さんから伺ったことは
ご来場者は少数だったものの、
だからこそな部分もあるのか、
懇親会では忌憚ない感想や、多くの考察や想像が飛び交って
大変有意義な時間を皆さんと共有できたそうですemoji
あ~、私も参加したかったな~。
そんな11月24日【夜会】の詳しい様子はこちらemoji

くじら企画facebookemoji
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=625929604184673&id=584617798315854&refid=17



さてさてそして次回12月4日に控えしはっemoji
『流浪の手記』ですっemoji

この作品は劇集成には入っていない作品emojiemojiemoji
この機会に是非是非観ていただきたいですemoji

作品自体も好きな作品ですが
『流浪の手記』には、私の今まで観劇した全お芝居の中でトップテンemojiに入る、
強烈に記憶に残るシーンがあるので、オススメにも気合が入る次第emoji

それは風太郎さんと藤井美保さんのシーンなのですが
リアルタイムで観ていた時、
こんなふうに演技って出来るものなのかemoji
(この人たち天才やemoji天才やemoji

心で連呼emojiemojiemojiしながら観てました。

クライマックスだとか、そういう特別なシーンでなく、
普通に、カップルemojiの会話シーンなんですけどね。
とても心奪われました。

後にDVDでも観ましたが、おんなじように

(やっぱり天才やemoji天才やemoji

と唸りながら観ました。

ああ、私もいつかあんな演技がしてみたい…emoji

大画面で観れるのが、すごーく楽しみemoji

多くの方に観ていただきたいなー。

そんな『流浪の手記』詳細はこちらです。

くじら企画facebookemoji
https://www.facebook.com/kujirahonkaigi



by   藍田マリン
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
* フリーエリア *
* 最新コメント *
[10/26 chab]
[10/21 chab]
[07/08 ふくい]
[12/05 まろん]
[11/29 まろん]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
marine aida
性別:
女性
職業:
芝居
趣味:
芝居
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* カウンター *
* アクセス解析 *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  marine aida
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]